楽譜と速読

文章の速読を応用した、読譜の練習方法です。 音符やメロディーを繰り返し書いて、 ドレミを瞬時に読めるようにします。

目次
  • 概要
  • 基本練習
  • 頭の中の発音
  • 鍵盤
  • 初見の練習
  • 表現力
  • 音感を鍛える
  • ヘ音記号と左手
  • コードネームとコード譜
  • 調性
  • 構成
  • 概要

    楽譜に慣れていない人の場合、音を出すまでの手順はこうなっています。

    初心者

    楽譜の音符の位置を見て、それが何の音か考えます。 そして、ドとわかったら、今度は鍵盤でドの場所を探します。

    読譜

    慣れている人は、楽譜を見ただけで指が勝手にドの場所を押さえます。 音符と音、鍵盤が瞬時に結びついています。

    簡単な音符やメロディーを繰り返し書いて、 楽譜に慣れていきましょう。 この動画のように、省略した形で十分です。 ドレミを数えなくても、瞬時に読めるようにして下さい。

    音符を鍵盤の位置に結びつけると覚えやすいです。 他の楽器を練習している人も、簡単な譜面を読んで弾けるようにしましょう。

    さらにハーモニーやアレンジを勉強して、音楽のセンスを鍛えて下さい。 譜面を見て、曲の構成や雰囲気をイメージできるようになります。

    基本練習

    簡単なメロディーを繰り返し書くだけです。 繰り返すうちに、ドレミを数えなくても書けるようになります。

    五線譜ではなく、普通の紙で十分です。 スマホのお絵かきソフトを使うと、 何度も書いて消して練習することができます。

    手書き譜面 ド

    このくらい省略した形でいいので、楽譜を書くことに慣れていきましょう。 長い線は、5本の線の一番下です。ト音記号の第1線と下第1線、つまりドの音を表しています。 まずはこの基本のドの位置と、周辺の音を覚えましょう。

    ランダムに音を選んで、その音を数回繰り返し書いて下さい。

    手書き譜面 レミ
    手書き譜面 ドシド

    このように、1音、2音、3音、また1音、2音、3音と練習して下さい。 繰り返すうちに飽きてきて、頭の中のドレミの発音を省略するようになります。

    パソコンの場合は、MuseScoreなどの楽譜作成ソフトを使うと楽です。 楽譜に1音、2音、3音と音符を並べて下さい。 ソフトによっては、音符を置く時に音を聴くことができます。

    頭の中の発音

    最初は「ド、レ、ミ」と数えながら書いていると思います。 繰り返すうちに、声に出さなくてもドレミがわかるようになります。

    次は、音符と鍵盤の位置を結びつけましょう。 簡単なメロディーで、読譜と演奏を繰り返して下さい。 小型の鍵盤で、指一本でも構いません。

    繰り返すうちに、ドレミで考えなくても弾けるようになります。 音符を読むとき、鍵盤を探すときに、手が勝手に動くようになります。

    演奏やアレンジの勉強を進めると、 メロディーや伴奏を頭の中で鳴らせるようになります。 楽譜、鍵盤、音のイメージが結びついて、読譜力も上がります。

    鍵盤

    読譜の練習やハーモニーなどの勉強では、 鍵盤楽器が有利です。練習している楽器とは別に、 鍵盤も覚えましょう。さらに歌も練習すると効果的です。

    このような小型の鍵盤があると便利です。 いつでも音を出せるようにしておきましょう。

    鍵盤の数が少なく、タッチによる強弱もありません。 ピアノの練習には向いていませんが、 勉強用、確認用にちょうど良いと思います。

    初見の練習

    初見とは、初めて見た楽譜をすぐに演奏することです。 初見に慣れると、全く知らない曲でも演奏できるようになります。

    読譜

    まずは童謡やヒットソング集などの曲集を使って、 メロディーをたくさん弾いて下さい。 クラシックも、有名な部分だけを集めた曲集があります。 ある程度知っている曲を弾きながら、譜面の読み方に慣れていきましょう。

    譜面を見ながら弾くことで、鍵盤や指を見ずに弾く練習にもなります。 逆に譜面を見ないで、暗譜で弾く練習も挟んで下さい。

    表現力

    楽譜を見て、間違えずに弾くことがゴールではありません。 一つの音、一つのメロディー、一つの曲をどのように弾くかを研究して下さい。

    同じメロディーでも、弾き方によって印象が大きく変わります。 強弱、抑揚、間の取り方などを色々と試して下さい。 譜面によってはテンポや強弱などが指定されていますが、 その中でも変化をつけましょう。

    ポピュラー音楽の場合は、 リズムやコード進行が重要です。 同じメロディーでも、リズムやコード進行によって雰囲気が変わります。 アレンジの勉強も、読譜力や表現力につながります。

    音感を鍛える

    音楽のセンスの基本は、 メロディーとコード進行の関係です。 次の譜面を繰り返し弾くか、音源を聴いて下さい。

    コード進行 CFGC

    メロディー ミファレミ

    繰り返し弾いていると、 メロディーを弾いているときにも伴奏を感じるようになります。 一日一回でもいいので、弾いて感覚を掴んで下さい。

    音量注意

    音量注意

    伴奏がなんとなくイメージできれば十分です。あとは少しずつコードを覚えて、 アレンジを勉強していきましょう。

    音量注意

    音量注意

    同じメロディーに、色々なコード進行をつけることができます。 コードを覚えて、遊び感覚で色々と試して下さい。

    音量注意

    音量注意

    ポピュラー音楽の場合は、リズムを具体的にイメージすることが重要です。 リズムを組み合わせて、立体的なリズムを作りましょう。

    音量注意

    音量注意

    アレンジの感覚を鍛えると、音楽の楽しみ方の幅が広がります。 遊んでいるうちに、読譜、耳コピ、採譜などの能力も上がります。

    ヘ音記号と左手

    ピアノを両手で弾けるようになると、演奏の幅が広がります。 左手の練習と合わせて、ヘ音記号の読譜にも慣れていきましょう。 上で紹介したように、譜面を書いて弾く練習と、初見の練習を繰り返して下さい。

    ヘ音記号 ド

    これは五線の一番上の線と、その上の加線のドです。この周りの音を覚えていきましょう。

    ヘ音記号 ソシ
    ヘ音記号 ラシド

    ト音記号と同じように、ドの音の周辺で、1音、2音、3音と書く練習を繰り返して下さい。

    コードネームとコード譜

    ヒットソング集などの曲集では、コード譜が使われています。単音のメロディーと、 コードネームが書いてある譜面です。

    コード譜

    例えばピアノの場合は、左手でコードを弾いて、右手でメロディーを弾きます。 他にも、左手でベース、右手でコードを弾いて、 メロディーを歌うなどの方法があります。

    まずはコードを覚えて、すぐに押さえられるようにしましょう。 コード譜を見て手が勝手に動くくらいに、練習して下さい。 基本練習と同じように、コードネームを書く練習も有効です。

    コード譜を使った演奏には、アレンジの要素も入ってきます。 コードネームは、音そのものを指定しているわけではありません。 同じ譜面、同じコード進行でも、色々な伴奏をつけることができます。

    歌詞サイトなど、歌詞にコードネームを書いただけのものもあります。 ある程度経験を積めば、これだけで演奏できるようになります。

    調性

    クラシックやポピュラー音楽では、12の長調、メジャーキーが基本になっています。 12種類のドレミファソラシドを覚えることで、演奏や読譜が楽になります。

    Cメジャースケール

    譜面と鍵盤の視覚的なイメージや、理論、音感と結びつけて覚えましょう。 例えばニ長調、Dメジャーの譜面にはシャープが2つ付きます。 鍵盤では、黒鍵を2つ使います。

    Dメジャースケール
    臨時記号による表記

    このように、12の調の長音階、メジャースケールを覚えて下さい。

    コードが分かる人は、基本的なコード進行を一緒に覚えましょう。 例えばDメジャーの場合はDGAD、 Eメジャーの場合はEABEを繰り返し弾いて下さい。

    構成

    曲の構成を、図でイメージしましょう。作文の練習と同じです。

    これは文章の例ですが、このくらいの簡単な図で十分です。 クラシックで言えば楽章、 ポップスならAメロBメロサビのような構成を、図としてイメージして下さい。

    ポピュラー音楽の多くは、4小節や8小節が一つの単位になっています。 コード進行などの練習も4小節単位で繰り返すと、感覚的にわかるようになります。