Fire TV Stickで英語の勉強

FireStickがあれば、手軽に英語の動画を見ることができます。 私は台所のテレビで、英語のニュースを見ています。 この記事では勉強方法やおすすめの無料動画などを紹介しています。

目次
  • Fire TV Stickの紹介
  • 英語の勉強に使える機能
  • 英語の勉強方法
  • 英語ニュースの視聴
  • YouTubeについて
  • ニュース以外の動画
  • 有料の動画サービスについて
  • FireStickを英語で使う
  • ブラウザについて
  • ラジオを聴く
  • AirReceiver
  • 動画を快適に見るために
  • NHK関連の動画
  • 広告について
  • リモコンについて
  • Alexaについて
  • 他の言語について
  • Fire TV Stickの紹介

    テレビで動画を見たいときに、FireStickは一番手頃なアイテムです。 wifi環境があれば、 すぐに無料でTver、YouTube、AbemaTV、GYAO、英語ニュースなどを見ることができます。 リモコンや音声操作で、テレビのチャンネルが増えたような感覚で使えます。

    コンサートやオリンピックなどの動画配信も、ブラウザで視聴できる場合があります。

    AmazonプライムやHuluなどの有料動画配信サービスと契約すると、 さらに多くの動画を見ることができます。

    最近のテレビは、ネット動画視聴や音声入力操作などの機能がついています。 Firestickはコストパフォーマンスが良いので、 テレビの買い替えまでの繋ぎ役や、 2台目、3台目のテレビ用にちょうど良いと思います。

    Firestick用のアプリで、機能を追加することができます。 スマホやパソコンの画面をテレビに映したり、 NASの動画を再生したりと、色々なアプリがあります。 こうした機能は、最新のテレビでも役に立ちます。

    私は最初の機種から使っていますが、 本体の性能が上がってスムーズに動くようになりました。 アプリも、テレビ画面やリモコン操作に適したものに変わってきました。 有線LANアダプタなど、周辺機器も増えています。

    Firestickには、音声アシスタントのAlexaの機能が含まれています。 音声入力で簡単に操作や検索ができる上に、 Alexa独自の音声動画サービスも使えます。 また、他のAlexaデバイスやスマート家電と連携することができます。

    目次に戻る

    英語の勉強に使える機能

    英語の動画を、テレビ番組のように手軽に見ることができます。 大きな画面で字幕が見やすく、音声入力を使えば検索も簡単です。

    アプリ、YouTube、ブラウザを使い分ければ、 ほとんどのネット動画を見ることができます。 Amazonプライムなどの有料会員にならなくても、 ニュース、学習系の動画、子供向けのアニメなど、 無料で使えるものがたくさんあります。

    YouTubeは広告が多いですが、音声入力検索や自動字幕など、便利な機能があります。

    最近のオリンピックでは、ライブ配信で全ての競技種目を流しています。 英語の実況に慣れていれば、より多くの試合を楽しむことができます。

    音声入力に慣れると、操作が楽になります。 テレビが点いていない状態からでも、アプリの起動やYouTubeの検索を指示できます。 Alexaのサービスにも、動画やラジオの英語ニュースがあります。

    アプリを使って、パソコンの共有フォルダやNAS、クラウドに保存した動画を見ることもできます。Stick自体には、動画を保存するだけの容量がありません。

    他に、英語学習系のアプリやAlexaスキルもあります。 アプリとAlexaが連携できれば、もっと面白くなりそうです。

    有料のYouTube Premiumや、Huluなどの配信サービスと契約すれば、さらに便利に使えます。

    目次に戻る

    英語の勉強方法

    動画の視聴やウェブサイトの読解なら、独学で、お金を掛けずに取り組むことができます。 無料のコンテンツやツールを活用して下さい。

    ブラウザの自動読み上げやYouTubeの自動字幕を使えば、 読解力とリスニング能力を一緒に伸ばすことができます。 少しずつ、読める範囲と聴き取れる範囲を広げていきましょう。

    ウィキペディアやニュースの読解で、語彙と知識を増やしてください。 そして、自動字幕の動画を見て、表現と発音を覚えましょう。慣れてきたら、 字幕無しの動画もたくさん見てください。

  • 関連記事:英語を速読しよう
  • 読解とリスニングに慣れれば、他の勉強も楽になります。 文法や発音の学習と、作文や会話の練習も進めてください。

    私は読解を中心に勉強していましたが、 自動字幕機能を知ってからは、動画をたくさん見るようになりました。 今は字幕無しで、ニュースを聴き取れるようになっています。

    ニュースは無料で使えるものが多く、更新も多いので、教材として適しています。 ニュース番組は早口ですが、発音がしっかりしていて、字幕を使った勉強にも向いています。

    ニュースの内容を理解するためには、勉強や復習が必要です。 私は英語版ウィキペディアやヤフーニュースをよく読んでいます。 英会話や試験が目的なら、ニュースの勉強は少し遠回りになると思います。

    最初は英語圏ではない国の、英語版ニュースが聴き取りやすいです。 スピードが比較的遅く、国際的な大きな事件の話題が多いです。 色々な国のニュースを見るのも勉強になります。

    アメリカのニュース番組は早口で、国内のニュースが多いです。 英語教材などで慣れていれば、アメリカの発音が聴きやすいと思います。

    アメリカのローカルニュースはさらに早口で、一般の人のインタビューが多いです。 ローカルニュースのスピードと発音に慣れれば、他のニュース番組や、他のジャンルの動画も聴き取りやすくなります。

    ニュース以外では、ドキュメンタリー、プレゼンテーション、料理、ショッピングなど、一人で喋る動画がわかりやすいです。 学習系や教育系の動画を使って、発音、会話、文法などを学ぶこともできます。

    ドラマや映画、トークショーなどは、字幕を追うのが大変です。 子供向けのアニメなどを使って、発音と表現に慣れていきましょう。

    Huluなど一部の有料動画配信サービスでは、英語字幕で洋画や海外ドラマを見ることができます。 字幕無しで見ることもできるようです。

    目次に戻る

    英語ニュースの視聴

    日本も含めて、色々な国のメディアが英語でニュースを配信しています。 ライブ配信や個別のニュースを、手軽にテレビで見ることができます。

    多くのニュースメディアは、複数の視聴方法に対応しています。 アプリ、ブラウザ、YouTube、alexaスキルなどを使い分けて下さい。 内容が同じでも、字幕、操作性、広告の量、接続の安定性が違います。

    YouTubeには、たくさんの英語ニュースチャンネルがあります。 常に10以上の国のチャンネルが、ライブ配信を行っています。 色々なメディアのニュースを見比べて下さい。

    アプリは、ニュース・新聞というカテゴリにたくさんあります。 パソコンでAmazonのサイトから検索して、 そこからFireStickにインストールすることもできます。

    ニュースと自動字幕

    YouTubeで、自動字幕が付いている過去動画を見ていきましょう。 最初はDW news、Al Jazeera English、TRT worldなど、 英語圏以外のメディアのほうが聴き取りやすいと思います。

    DW News - YouTube

    米国や英国のニュースは早口ですが、英語教材などで慣れていれば、 こちらのほうが聴き取りやすいかもしれません。

    ABC News - YouTube

    動画の公開直後には、自動字幕が付いていない場合があります。

    字幕無しで聴き取る練習も進めてください。

    NBC News、PBS NewsHour、CBC News、ABC Newsなどは、ニュース番組を丸ごとアップロードしています。

    PBS NewsHour - YouTube

    ライブ配信では字幕が遅れるので、練習には使いにくいです。ただ、大きな音を出せない時に、 字幕付きニュースを流しておくと便利です。

    ライブ配信の字幕は、オンオフの切り替えが共用になっています。 ABC Newsなどの字幕付きライブ配信で字幕をオンにすると、Euronews、SkyNews、Al Jazeera Englishなどのライブ配信でも自動字幕が表示されます。

    動画の投稿者が用意した字幕よりも、自動字幕の方が読みやすい場合があります。 設定から字幕を選択して下さい。

    ログインすると、登録したチャンネルの最新動画をまとめて見ることができます。 自動字幕を見たい場合は、1時間経った動画から見ていくとよいでしょう。

    字幕無しでの視聴

    DW、FRANCE24、EURONEWS、Al Jazeeraなどが聴きやすく、ライブ配信もあります。 国際ニュースが中心です。

    FRANCE 24 English - YouTube

    ABC、NBC、BBCなど、アメリカ、イギリスの大手メディアも見ていきましょう。

    BBC News - YouTube

    アメリカのメディアは国内ニュースが中心です。アメリカの社会、地域、政治、経済などについて、勉強しておきましょう。

    United States - Wikipedia

    慣れてきたらアメリカのローカルニュースを見て、スピードや、省略した発音に慣れていきましょう。YouTubeではNews12や、CBSのローカルニュースチャンネルを見ることができます。アメリカ英語の日常会話の喋り方に慣れれば、他のジャンルの動画も楽しめるようになります。

    News 12 - YouTube

    Good Morning AmericaやTODAYなどの情報番組は、 ニュースの他に色々な分野の話を聞くことができます。

    Good Morning America - YouTube

    自分の知識や興味に合わせて、スポーツ、芸能、ビジネス、政治などの専門的なニュースを見てください。ニュースサイトでも、対応するカテゴリの記事を読んでいきましょう。

    Yahoo Entertainment
    Entertainment Tonight - YouTube

    大統領選などの重要なイベントがあると、ニュース番組の内容が偏ります。 複数の国のメディアを見ていれば、幅広い話題を、違う角度で捉えることができます。

    ニュースアプリについて

    公共放送など広告が無いメディアでは、個別のアプリのほうが使いやすいです。 YouTubeでも、ライブ配信は比較的広告が少ないです。

    DWアプリでは広告無しで、ライブ配信と過去の番組を見ることができます。 ニュースの他に、ドキュメンタリー、サッカー、車、旅行などの番組もあります。 YouTubeではジャンルごとにチャンネルが分かれているので、 アプリのほうが使いやすいです。

    FRANCE24のライブ配信は、30分ごとにWorld Newsが流れるので見やすいです。 また、画面下に最新ニュースのヘッドラインが表示されています。アプリでもYouTubeでも、 再生前に広告が入ることがあります。

    アメリカのメディアでは、NBC News, TODAY, MSNBCが共通のアプリになっています。 ライブ配信、トップニュース、カテゴリごとの視聴など、色々な使い方ができます。 私はNlightly NewsやToday in 30をよく見ています。

    Haystack Newsは、ABC NewsやCBS Newsなど、複数のメディアのニュースを見ることができます。

    アメリカのローカルニュースのアプリも、日本から使えるものがあります。朝昼晩のニュース番組を、ライブ配信やオンデマンドで見ることができます。私はabc10を使っています。現地向けの広告も面白いです。

    その他にアプリがあるのは、NHKWORLD、Bloomberg、Al Jazeeraなどです。

    BBC NEWSのアプリは、イギリス国内限定になっているようです。 YouTubeでは一部の過去動画を見ることができます。 ラジオはTuneInやAlexaスキルで聴くことができます。 有料サービスでは、HuluやAmazon prime videoチャンネルが対応しています。

    目次に戻る

    YouTubeについて

    YouTubeアプリは、テレビとリモコンに合わせて使いやすくなっています。

    音声入力による操作に対応しています。 どの画面からでも、スリープ中でも、音声入力で「YouTubeで〇〇を検索」のように操作することができます。YouTubeアプリを起動した状態なら、「〇〇を検索」と言うだけで検索します。

    YouTubeの自動字幕機能が、リスニングの練習に使えます。 ライブ配信以外の動画では、タイミングも合わせて表示するので読みやすいです。 チャンネルごとに、自動字幕に対応するかどうかが決まっているようです。

    字幕表示は、色や大きさなどを変えることができます。設定は保存されます。 リスニングの練習中は、サイズを最大にして、背景を黒にして読みやすくしましょう。

    YouTubeのホーム画面では、よく見る動画やチャンネルが一番上に表示されます。 音声検索もあるので、ログインしなくても十分に使えます。

    ログインすると、チャンネル登録、再生チャンネルなどの機能を使うことができます。 パソコンやスマホと情報を共有できるので、動画を探しやすくなります。

    ログインした状態で、言語を英語、居住地をアメリカにすると、ニュースや関連動画などに反映されました。これで英語の動画を中心に見ていれば、日本語の動画はあまり出てこなくなります。 広告は変わらず、日本のCMが流れました。

    ブラウザでデスクトップ版YouTubeを表示すると、 個別の動画やチャンネルをブックマークすることができます。

    現状では、広告をブロックする方法はありません。 有料のYouTube Premiumに加入するしか無いようです。

    自動字幕は、英語以外にも10以上の言語に対応しています。 今後も対応する言語、動画、チャンネルは増えていくでしょう。

    目次に戻る

    ニュース以外の動画

    主にYouTubeから、私がよく見ている動画を紹介します。

    WOW ENGLISH TVは、子供向けの英語学習チャンネルです。 英語教師とペットのカラスの会話で、 基本的な表現を学ぶことができます。 子供向けなので喋るスピードがゆっくりで、内容もわかりやすいです。

    STEVE AND MAGGIE - YouTube

    Caillouは、子供向けのアニメです。 小さい男の子の日常生活を描いています。 日本のアニメにも似た雰囲気で、安心して見ることができます。

    Caillou - WildBrain - YouTube

    他にもPeppa PigやCurious George(おさるのジョージ)など、子供向けのアニメがあります。 過去の話を短く編集してまとめた動画が、更新されています。 全体的に長いセリフが少なく、字幕を追いやすいです。 映画やドラマを見るための練習にもなります。

    Peppa Pig - Official Channel - YouTube

    Sesame Streetは、アメリカの教育番組です。 YouTubeではコーナー単位でアップロードされて、 読みやすい字幕が付いています。

    Sesame Street - YouTube

    VOA Learning Englishは、アメリカ英語の学習者向けのコンテンツです。 簡単な表現で、字幕付きで、ゆっくり喋ってくれるので聴き取りやすいです。 ニュースを見る練習にもなります。

    VOA Learning English - YouTube

    EnglishClass101は、大人向けの英語学習チャンネルです。 スピードは普通ですが、 簡単な表現で喋ってくれるので聴き取りやすいです。 最初はKNOW YOUR VERBSの動画がわかりやすいと思います。 週に一回のライブ授業ではチャットとのやり取りもあって、 色々な国の人が参加しています。

    Learn English with EnglishClass101.com - YouTube

    ドキュメンタリー系は聴き取りやすく、字幕も読みやすいです。 検索や関連動画から、好きなジャンルのチャンネルを見つけて下さい。 動物系ではAnimal Planet、トラベル系ではtouropia、Expediaなど、 自動字幕に対応しているものが多いです。

    DW Documentary - YouTube

    QVCtvは、ショッピングチャンネルです。ライブ配信が3本あって、 過去動画も大量に見ることができます。最近はコロナの影響か、 少人数で進行しているので聴き取りやすいです。

    QVCtv - YouTube

    Tasty、Eaterなど、料理、食事の動画は、内容がわかりやすいです。 早口で口語表現が多いですが、自動字幕に対応しています。

    Tasty - YouTube

    目次に戻る

    有料の動画配信サービスについて

    Firestickはアプリやprime videoチャンネルで、多くの有料配信サービスに対応しています。 公式には対応していないサービスも、ブラウザ経由で視聴できる場合があります。

    Firestickは、Amazonプライムと契約しなくても使うことができます。 まずは無料のYouTubeなどで勉強して下さい。 英語ニュースを聴き取れるようになってから、または、 英語字幕で動画を楽しめるようになってから、有料サービスと契約するとよいでしょう。

    映画やドラマの英語字幕は、現状ではHuluやNetflixなど一部の有料配信サービスに限られています。AmazonプライムやApple TV+では、オリジナル作品を英語字幕で見ることができます。

    動画の画質については、回線速度やテレビの設定も影響します。 無料お試し期間を利用して、快適に使えるかどうかを確認して下さい。

    Amazonプライムビデオ

    Firestickと相性が良いのは、Amazonプライムです。 ホーム画面に直接、動画やカテゴリが表示されています。 ウォッチリストや最近見た作品など、便利な機能もあります。 ただ、英語字幕で見ることができるのは、Amazonオリジナル作品に限られています。

    Amazonオリジナルの海外制作作品は、音声、字幕ともに多言語対応しています。 再生しながら切り替えることもできます。 現時点では、ドキュメンタリー系が多いです。

    新作映画などはプライムに含まれず、有料レンタルか購入となります。 prime videoチャンネルも、月額制の別料金です。 チャンネルごとに無料お試し期間があるので、利用して下さい。 BBCとニコロデオンは、Huluで見ることができます。

    購入や登録のキャンセルは、パソコンで操作することになります。 間違って購入しないように、機能制限を設定しておきましょう。

    Amazon公式サイトPrime Videoのページ

    プライムビデオは、プライム会員の特典の一部です。配送、音楽、雑誌、 フォトストレージなどの特典とセットになっています。

    Apple TV+も、多言語対応のオリジナル作品を公開しています。 スヌーピーなど家族向けの作品もあります。 iPhoneの買い替えなどで無料体験ができる人は、ぜひ試して下さい。

    Hulu

    Huluは、ライブTVが充実しています。BBCとCNNのオリジナル英語版と、 日本語同時通訳付きがあります。 FOXチャンネル、ナショナルジオグラフィック、ニコロデオンは、 字幕版と吹き替え版が混在しています。 フランス語のTV5MONDEも追加されました。

    FireStickのホーム画面にライブ配信が表示されるようになりました。 Huluと契約していれば、個別のライブチャンネルを直接開くことができます。

    洋画と海外ドラマでは、英語字幕で楽しむというカテゴリが作られています。 過去の名作も含めて、かなりの数があります。 作品ごとに、「字幕」、「英語字幕」のように区別して表記されています。

    Hulu公式サイト

    ニュースについては、YouTubeの他のチャンネルを使って練習しましょう。 BBCとCNNも、過去の動画を見ることはできます。 映画やドラマも、YouTubeオリジナル作品や、trailerを見て練習して下さい。

    Netflixでも、英語字幕で海外ドラマと洋画を見ることができます。

    YouTube Premium

    YouTube Premiumは、動画配信サービスと同じくらいの料金です。 広告が無くなるので、かなり快適になります。 他の項目でも説明していますが、YouTubeは音声検索と自動字幕が便利です。

    無料お試し期間を利用して、自動字幕の動画をたくさん見て下さい。 学習中だけ加入するのも良いでしょう。 英語以外の学習にも使えます。

    ライブ配信のニュースチャンネルは、比較的広告が少ないです。 ニュースが聴き取れるようになれば、Premiumにしなくても役立ちます。

    目次に戻る

    FireStickを英語で使う

    FireStickのメニュー表示やalexaを英語にすることができます。 利用できるアプリやコンテンツに変わりはありません。 学習目的で、英語に変更する必要は無いと思います。

    FireStickのシステム言語は、設定メニューの環境設定から変更します。 英語から戻す場合は、SettingsのPreferencesのLanguageを変更して下さい。

    アマゾンのウェブサイトで表示言語を英語にすると、Firestickの画面に影響するかもしれません。

    アマゾンのウェブサイト、アカウント、プライム会員などは、国ごとに分かれています。 日本のアマゾンやプライムビデオのアカウントで、 米国版のアマゾンやプライムビデオを利用することはできません。

    Amazon.co.jpとは別に、Amazon.comのアカウントを作成してログインすれば、 米国版のAlexaスキルを使えるようになります。 ただし、動画などは地域によって制限されているので、 日本から視聴できるものは少ないです。

    Amazon.com版のプライム会員も日本版とは別物で、別料金になります。そして、日本から見れるのはAmazonオリジナル作品だけです。これらの作品は日本版のプライム会員でも、英語音声、英語字幕で見ることができます。

    FireStickでAmazonアカウントを切り替えるには、いったん登録解除してから、 別のアカウントのメールアドレスとパスワードを入力することになります。

    英語表示や米国版アカウントを使っても、あまり利点はありません。 登録や購入などの操作を間違わないように注意して下さい。

    目次に戻る

    ブラウザについて

    ブラウザアプリを使えば、パソコンやスマホのようにウェブサイトを見ることができます。 動画の再生も可能です。 現在はSilkとFirefoxの2種類があります。

    基本的にはスマホのブラウザと同じですが、 機能や設定項目はシンプルです。 検索やブックマーク、 デフォルト版とデスクトップ版の切り替えなどのメニューがあります。

    YouTubeなどのサイトでは、アプリ版への誘導や自動切り替えがあります。 また、個別の動画やチャンネルのブックマークができない場合があります。 上手く行かない場合は、デスクトップ版に切り替えて試して下さい。

    ブラウザのデスクトップ版では、 ABCニュースやCBSニュースのウェブ配信を見ることができます。 NHKプラス、bliliblili、streaming+などの動画サービスも使うことができますが、 今後どうなるかはわかりません。 GYAOのように、再生できないサイトもあります。 逆にTverのように、FireStick用のアプリが出る場合もあります。

    リモコン操作や表示サイズの関係で、ページの一部が見れない、 検索機能が使えないサイトもあります。bluetoothでマウスやキーボードを接続すると、 パソコンに近い感覚で使えます。

    マウスはスクロールも使えるので、かなり楽になります。 多ボタンマウスでは、戻る、進むボタンが使える場合もあるようです。 ただし、ホーム画面ではマウスポインタが使えないので、 リモコンと持ち替えて使うことになります。

    セキュリティソフトや広告ブロックが無いので、 閲覧するサイトは慎重に判断して下さい。 先にパソコンやスマホで確認しておくとよいでしょう。

    見るページが決まっている場合は、Bookmarkerというアプリが便利です。 URLとブラウザを登録しておいて、ホーム画面から一回の操作で開くことができます。 アイコンが数字になっていて、複数のBookmarkerを使い分けることができます。

    目次に戻る

    ラジオを聴く

    Firestickでラジオを聴くには、いくつかの方法があります。 AlexaとTuneInの仕組みを理解して、すぐに英語のニュースを聴けるようにしておきましょう。 慣れてしまえば、Alexaで呼び出すのが一番簡単です。

    TuneInRadioは、無料で世界中のラジオを聴けるサービスです。 まずはスマホやFirestickのアプリで、英語のラジオ放送を聴いてみて下さい。 ラジオ局ではBBC World Service、CBS News Live、Al Jazeera Englishなどが聴きやすいです。 ポッドキャストではBBC News、NPR News Now、CBC Newsなどがおすすめです。

    AlexaでもTuneInが使えるのですが、Firestickの音声入力ではラジオ局を指定するのが難しいです。スマホのAlexaアプリから指定してFirestickで再生しておくと、 次からは「Tuneinで音楽を再生」と言えば、前回と同じ局を流してくれます。

    いくつかのラジオ局やポッドキャストは、Alexaスキルとして登録されています。 スマホから設定してスキルを有効にしておけば、音声入力で呼び出すことができます。 BBCニュースなどをフラッシュニュースに設定すると、「今日のニュース」と言うだけで、 まとめて再生することができます。

    Alexaスキルでは、radikoや日本語のニュースも聴くことができます。 ブラウザ経由でも、らじるらじるやradikoが使えます。 silkブラウザの場合、メニュー画面からデスクトップサイトをリクエストして下さい。 タイムフリー機能も使えます。

    目次に戻る

    AirReceiver

    AirReceiverは有料のアプリです。iPhoneやパソコンの画面を、 テレビに映すことができます。一度起動しておけば、FireStickがスリープ中でも反応します。 iPhone側の操作だけで使えるので、手軽で便利です。

    最近のバージョンアップで日本語化されましたが、直訳なので少しわかりにくいです。

    AirReceiverのDevice Name設定と、Amazonウェブサイトのアカウントサービスで、 端末の名前をわかりやすいものに変えておきましょう。

    iPhoneでネット動画を再生して、それをミラーリングすることもできます。 FireStick側のアプリと、上手く使い分けて下さい。

    Google Castにも対応しています。 Windowsパソコンの場合は、Chromeブラウザのキャスト機能を使って下さい。 ブラウザのタブやパソコン上の動画、デスクトップをテレビに映すことができます。

    NASの画像や動画を再生する機能もついています。 YouTubeも見れるようになりました。

    ミラーリングが上手くいかない場合は、AirReceiver側でrestartを試して下さい。

    動画サイトや配信サービスによっては、ミラーリングできない場合もあります。 NHKプラスをスマホからミラーリングしても、再生できません。

    目次に戻る

    動画を快適に見るために

    私は初代のFirestickも使っていましたが、 アプリによっては再生が不安定になりました。 今のFirestickは性能が上がって、 別売りの有線LANアダプタもあるので、 より快適に再生できるようになっています。

    最新のFirestickは、4Kに対応しています。 ただし4KやHDR動画を再生するには、対応したテレビと回線速度が必要です。 LAN・HDMIケーブルの種類や、テレビ側の設定も確認して下さい。 Firestick側も、本体とアプリの両方の設定を調べましょう。

    NASの動画の再生も、色々な要因が関係しています。 動画の形式、画質、再生するアプリ、コーデックなどの設定、 NASの性能などによって、音が遅れる場合があります。

    VLC for Fire

    VLC for Fireアプリには、 音声と映像のズレを修正する機能があります。 動画の再生中に、オーディオの遅延を50ms単位で調節することができます。 私の環境ではどの動画も300ms遅延するので、 コマンドラインオプションを使って固定しています。 拡張設定のlibVLCカスタムオプションで、
    --audio-desync=-300
    と入力すると、最初から-300msの状態になります。

    VLCは色々な動画の形式に対応しています。 iPhoneで撮影した縦長の動画も、縦長のままテレビに映すことができました。 ハードウェアアクセラレーションとOpenGLを、常に使う設定にしています。

    NASの動画については、ブラウジングのお気に入りにサーバーを追加から、 フォルダを登録して使っています。また、 AirReceiverの外部プレイヤーとしても使っています。

    レコーダーなどに録画したテレビ番組を見るためには、 DTCP-IPに対応したアプリが必要です。 現状では、有料のDiXiM Play Fire TV版が対応しています。 AirReceiverとVLCは、DLNAには対応していますが、 DTCP-IPには対応していません。

    目次に戻る

    NHK関連の動画

    NHK関連で、語学に関係するものをまとめます。 NHKオンデマンド以外は、すべて無料のコンテンツです。 テレビの生放送や録画と使い分けて下さい。

    FirestickでNHKオンデマンドを視聴するには、 Amazonプライムとprime videoチャンネルへの加入が必要です。 パソコンからはAmazonプライムのウェブサイトで、 スマホからはアプリで見ることができます。

    既にNHKオンデマンドと直接契約している人は、 Firestickのブラウザで視聴できるか試して下さい。 また、テレビ本体のネット機能で、アクトビラ経由で視聴できるかもしれません。

    NHKオンデマンドには、今のところ語学系の番組はほとんどありません。 子供向け番組は、別のprime videoチャンネルになっています。

    NHKWORLDアプリでは、無料で英語の番組を見ることができます。 ニュース、地上波の英語版、独自の番組など、たくさんのコンテンツがあります。 ライブ配信と過去の放送を見ることができます。

    日本の話題が中心で、理解しやすいです。 先に海外のニュースやドキュメンタリーに慣れておくとよいでしょう。

    NHKプラスは登録無料の見逃し配信です。 Firestick用のアプリはありませんが、 ブラウザで見ることができます。 少し手間が掛かりますが、 NHKプラスをテレビで見る方法としては貴重です。 スマホからのミラーリングでは再生できません。 即レスやチャロなど、語学系の番組がいくつかあります。 各番組の公式サイトにも、見逃し配信へのリンクがあります。

    トップページから、放送中の番組を選択するか、番組まとめリストを選択して下さい。 そして、再生画面の下のリストから、番組を選んで下さい。 再生中は、リモコンの一時停止、巻き戻し、早送りボタンが使えます。

    プレイリストタブは、リモコン操作ではスクロールできません。 トップページに戻るか、再生画面の左右の<>でチャンネルとリストを切り替えて下さい。

    Silkブラウザは画面上部にメニューバーが表示されるので、 テレビのリモコンだけでも何とか操作することができます。

    ブラウザではNHKオンラインの語学ページから、 ラジオ第二の語学番組や、 Eテレの子供向け英語番組を見ることができます。 また、らじるらじるやradikoでNHKラジオを聴くことができます。

    Alexaスキルでは、NHKニュース、NHKラジオニュース、radikoのNHK第一などが使えます。 今の所は語学系がありませんが、すぐにニュース動画を見れるので便利です。

    FireStickのTverアプリでは、NHKの番組は表示されません。ブラウザで表示しても、再生することはできませんでした。

    目次に戻る

    広告について

    公式のアプリや設定では、広告をブロックする方法はありません。 ホーム画面の広告について、動画の自動再生を止める設定があります。

    非公式のアプリやDNS、VPNを使って、一部の広告をブロックすることができるようです。 ただ、ブロックできない広告や、再生できなくなる動画も出てきます。 また、動画の仕様が変わって、広告が表示されるようになる場合があります。 安全性や信頼性も考えて、自己責任で試してください。

    目次に戻る

    リモコンについて

    現在のFirestickのリモコンには、テレビの電源、音量、 消音のボタンが付いています。ビエラリンクなどのHDMI連動を設定すれば、 このリモコンだけで操作することができます。

    また、Alexaを使って音声入力で操作することもできます。 Alexaについては、次の項目で説明します。

    テレビのリモコンでも、Firestickの操作ができる場合があります。 私が使っているビエラでは、上下左右、決定、 戻るボタンが対応しています。ホームボタンとメニューボタンは使えませんが、 大体の操作は可能です。アプリの並べ替えなど、 決定ボタンの長押しで代用できる場合もあります。

    テレビ側のHDMI設定も色々と試して下さい。 ビエラリンクなどで、電源のONOFFを連動させると便利です。 テレビの電源や入力切替と連動して、 Firestickが復帰するようになります。 ホームボタンが使えなくても、 テレビの電源を切って入れ直すことで、 ホーム画面に戻ることができます。

    スマホでFirestickを操作するためのリモコンアプリがあります。 リモコンの電池が切れた時のためにも、入れておきましょう。 文字を入力するのにも便利です。

    アプリによっては、無線接続のゲームパッド、マウス、キーボードなどが使えます。 ホーム画面ではマウスカーソルが表示されませんが、 キーボードの上下左右キーなどが使える場合もあるようです。

    目次に戻る

    Alexaについて

    現行のFireStickには音声サービスAlexaが含まれていて、音声入力で操作することができます。 アプリの起動や、プライム動画の検索などが楽になります。 ホーム画面に戻らなくても、テレビが点いていなくても操作できるのが良いです。 また、Alexa自体の機能、Alexaスキルも使えます。

    Alexaスキルは、Amazonのウェブサイトやスマホアプリから設定します。 ニュースや天気、クイズ、ゲームなど、色々なスキルがあります。 各スキルについての情報は少なく、使ってみないとわからない部分が多いです。

    今後はCNBC newsのように、動画を表示するスキルが増えていくと思います。 現時点ではまだ、英語の動画スキルは少ないです。 日本語ではNHK、テレ東、テレ朝のニュースと、エムキャスのウェザーニュースが便利です。

    Youtubeなどのアプリ内での音声操作は限られています。また、Alexaスキルの呼び出しと、FireStickのアプリの起動、プライム動画の検索の区別がわかりにくいです。

    AlexaスキルのBBCを呼び出そうとすると、Prime動画のBBC作品が表示されてしまいます。 ただ、BBCをフラッシュニュースに設定すると、「今日のニュース」で呼び出すことができます。

    私の環境では、FireStickと接続することで、テレビがAlexaのデバイスとして認識されました。 最新のテレビではありませんが、別のFirestickのAlexaや、スマホのAlexaアプリから操作できるようになりました。スマート家電のハブとしても使えるようです。

    最新機種のFire TV Cubeは、FirestickとスマートスピーカーのEchoが合体したような製品です。 リモコンを使わずに、音声入力だけで操作できるようになります。 家電製品もAlexa対応が増えているので、さらに便利になっていくと思います。

    目次に戻る

    他の言語について

    Firestickでは、色々な言語の動画を見ることができます。 特にニュースは、無料で視聴できるものが多いです。 このサイトの記事を参考にして、ぜひ多言語学習に取り組んで下さい。

    スペイン語やフランス語は英語に近く、同じように学習することができます。 ウィキペディア、ニュースサイト、自動読み上げ、自動字幕を活用して下さい。

    スペイン語は、YouTubeのニュース系チャンネルがたくさんあります。 noticiasで検索すると、 アルゼンチン、メキシコ、スペインなどの放送局が出てきます。 過去動画で自動字幕の付いているものを利用して下さい。

    RTVE Noticias - YouTube

    フランス語のメディアも多いです。YouTubeではフランス公共放送のTV5MONDE Info、Africa24、RTIの過去動画が、自動字幕に対応しています。

    TV5MONDE Info - YouTube

    YouTubeには、台湾のニュースチャンネルがいくつかあります。 ケーブルテレビのニュースチャンネルをそのまま配信しているようです。 中国語の繁体字で字幕が多く、見ているだけでも勉強になります。

    TVBS NEWS - YouTube

    FRANCE24は、フランス語、英語、スペイン語、 アラビア語でニュースを配信しています。 DWは、ドイツ語、英語、スペイン語、アラビア語の番組を配信しています。 こうした多言語対応のメディアを利用するのもよいでしょう。

    EURONEWSは、ウェブサイトでは10以上の言語でニュースを見ることができます。 アプリやYouTubeでも、いくつかの言語でライブ配信しています。

    上で紹介したCurious GeorgeやCaillouは、YouTubeで多言語に翻訳されています。 自動字幕にも対応しているので、活用して下さい。

    英語も含めて、地域によって視聴が制限されている場合があります。

    目次に戻る

    他の言語を勉強する