英語を速読しよう

概要

速読の基本は、頭の中の発音を省略することです。 頭の中の音読や翻訳を止めると、 楽に読めるようになります。

練習方法は、日本語の速読と同じです。 単語や短文を繰り返し書くことで、頭の中の発音を省略します。 タイピングや手書きで、簡単に感覚を掴むことができます。

さらに作文の練習を繰り返すと、スピードも読解力も安定します。 英語のまま読んで、英語で考えるようになります。

ウィキペディアやニュースを利用して、語彙と知識を増やしましょう。 文法や単語を調べて、英語で英語を勉強して下さい。 ニュースを速読で読むようになれば、リスニング力も上がります。

情報収集や勉強の手段として、英語の速読は力を発揮します。 英語は多くの国で使われていて、ウェブサイトのページ数も圧倒的です。 他の言語の学習でも、英語が役立ちます。

目次
  • タイピングと速読の練習
  • 読解力を鍛える
  • 作文の練習
  • 発音の練習
  • 多言語学習と英語
  • タイピングと速読の練習

    パソコンとテキストエディタを使います。 見やすいように、フォントサイズを大きくして下さい。 紙と鉛筆でも、練習方法は同じです。

    単語を繰り返し書く

    まずは2文字の英単語をこのように繰り返し打ち込みます。

    2letter

    全部消して、次は3文字の単語を打ちます。

    3letter

    4文字までいったら、2文字に戻って繰り返します。

    4letter

    2文字から4文字の短い単語を、繰り返し書いて下さい。 無理に文字数を増やす必要はありません。 力を抜いて、ゆっくり打って下さい。

    手書きの場合は1文字から、簡単な文字で練習して下さい。

    多くの人はキーを押す時に、頭の中で単語やアルファベットを発音しています。 声には出さなくても、 「イー、エー、ティー」「ハブ、ハブ、ハブ…」などとつぶやいていると思います。 繰り返し書いていると飽きてきて、頭の中の発音を省略するようになります。

    短文を数行に分けて書く

    次は3単語くらいの文を書きます。 単語ごとに改行を入れて、縦に長く書いて下さい。

    3words

    これは複数行を一度に読むための練習です。 慣れてくると、これを一目で読めるようになります。 同じように、簡単な文をいくつか書いて下さい。

    読解力を鍛える

    速読の練習で、読み書き両方のスピードが上がります。 たくさん文章を読んで、たくさん文章を書いて下さい。

    簡単な作文を繰り返すだけでも、集中力が上がります。 英語を英語のまま理解する訓練にもなります。

    まずは文の構造など、基本的な文法を意識して書いて下さい。 さらに、文章の内容、背後関係、背景知識をイメージしながら書いて下さい。

    目的に合わせて、読書の方向性を決めて下さい。 特に目的が無ければ、ウィキペディアとニュースに慣れていきましょう。

    ニュースを理解するためには、実用的な語彙と知識が必要です。 ウィキペディアで固有名詞や時事用語を調べましょう。 そして、世界史や地理などを、英語で復習して下さい。

    文法や学習方法、文章の書き方なども、英語で調べましょう。 英語のオンライン辞書や、ウェブ検索にも慣れて下さい。

    作文の練習

    自分で文章を考えることで、読解力もスピードも改善します。 一行でもいいので作文を繰り返しましょう。

    まずは文型や人称、時制などの文法を意識して下さい。 さらに、伝えたい内容や、相手との関係をイメージしながら書いて下さい。

    日本語での作文や、直訳、翻訳も練習して下さい。 学習のヒントがたくさん見つかります。

    svo

    簡単な文をたくさん作って、文の構造を覚えて下さい。 SVOやSVOOなど、基本文型に沿って文を作りましょう。

    英語は文、節、句、単語という構造がわかりやすいです。 主語と述語、修飾語と被修飾語、 主節と従属節のような関係を、図としてイメージして下さい。

    品詞や文の成分などの用語は、英語でも覚えていきましょう。

    主題と焦点、情報構造についても考えましょう。 whereやwhenのような疑問文に対して、答えとなる単語が焦点です。 その文で、一番強調する語は何かを考えて下さい。

    また、定冠詞を使う時のように、 相手が既に知っているかどうかを意識して下さい。

    関係性

    自分と相手、主語と目的語のような関係を意識しましょう。

    会話やスピーチなど具体的な場面を想像しながら、 それぞれの関係や視点、立場、目的などを考えて下さい。

    小説

    誰の視点で、誰について、誰に向けて喋っているのかをイメージしましょう。 一人称視点と三人称視点、直接話法と間接話法を切り替えて文を書いて下さい。

    構成

    文や段落、文章全体の構成を考えましょう。 色々なジャンルの文章について、構成を研究して下さい。

    発音の練習

    綴りと発音の関係を理解すると、単語が覚えやすくなります。 また、動詞の活用などの語形変化にも強くなります。

    英語の発音

    母音、子音、音節、単語、文と、 それぞれの単位で発音を練習して、ルールを覚えましょう。

    まずはIPAを参考にして、短母音を練習しましょう。 英語は地域によって発音が違うので、一通り練習して耳を鍛えて下さい。

    音節

    音節の構造をイメージして下さい。 単語は音節の集まりで、 音節は母音と子音でできています。 「子音+母音+子音」のような、基本的な形をイメージして下さい。

    同じ発音記号でも、周りの音によって発音は変化します。 例えば母音の前のt、母音の後のt、母音に挟まれたtは違う音になります。

    音節の発音を覚えるために、短い単語を練習しましょう。 オンライン辞書やGoogle翻訳など、 発音記号とサンプル音声があるツールを使って下さい。 まずは発音記号を意識して練習しましょう。

    ツールによって、発音記号の種類が違うので注意して下さい。 また、発音は、国や地域、人によって違います。 教材の記号や発音が絶対的に正しいということではありません。

    慣れてきたら、長い単語も練習しましょう。 単語の綴りと発音記号の関係も意識して下さい。 likeのeやhighのghのように、 発音されない文字があります。こうしたルールも少しずつ覚えていきましょう。

    さらに、Google翻訳などを利用して、2語、3語、くらいの短文を繰り返し発音して下さい。単語と単語を繋げるような喋り方や、リズム、イントネーションを覚えましょう。

    母音、子音、音節、単語、フレーズから文章まで、バランス良く練習して下さい。

    多言語学習と英語

    英語を使って他の言語を勉強しましょう。英語版の学習サイト、辞書、辞典、 自動翻訳を使えば、効率良く学ぶことができます。英語と比較することで、 英語の復習にもなります。

    英語版ウィキペディアだけでも、色々な言語を学ぶことができます。 言語ごとの文法や音韻が記事になっていて、文法用語もそれぞれ記事になっています。 複数の言語を勉強していると、より深く読めるようになります。 学習サイトと合わせて読んで下さい。

    また、それぞれの言語での英語学習サイトやウィキペディアを読んでいきましょう。 英語は学習者が多く、ビジネスの要素もあるので、どの言語でも学習サイトが見つかります。 日本語や中国語のように英語との違いが大きい言語で、 英語をどのように教えているかを参考にして下さい。

    英語版Wiktionaryは、複数の言語に対応しています。綴りが同じ単語や漢字の、 それぞれの言語での意味を調べることができます。

    Your Language:日本語