Your Language:日本語

英語を速読しよう

概要

速読の基本は、頭の中の発音を省略することです。 頭の中の発音や翻訳を止めると、 楽に読めるようになります。

練習方法は、日本語の速読と同じです。 単語や短文を繰り返し書くことで、頭の中の発音を省略します。 タイピングや手書きで、簡単に感覚を掴むことができます。

さらに作文の練習を繰り返すと、スピードも読解力も安定します。 英語のまま読んで、英語で考えて、英語で理解するようになります。

ウィキペディアやニュースなど、ウェブサイトを利用して語彙と知識を増やしましょう。 そして、英語で英語を勉強しましょう。

発音や文法は、他の言語と比較するとわかりやすいです。 英語に近い、フランス語、スペイン語、ドイツ語などを調べて下さい。

会話やリスニングなども組み合わせて、バランス良く勉強を進めて下さい。

目次
  • タイピングと速読の練習
  • 英語の読解力
  • 英語の特徴
  • 作文の練習
  • 発音の練習
  • 英語版ウィキペディアを読む
  • 英語ニュースを読む
  • 英語で英語を勉強する
  • 英語で他の言語を勉強する
  • 単語帳の速読
  • タイピングと速読の練習

    パソコンとテキストエディタを使います。 見やすいように、フォントサイズを大きくして下さい。 紙と鉛筆でも、練習方法は同じです。

    単語を繰り返し書く

    まずは2文字の英単語をこのように繰り返し打ち込みます。

    2letter

    全部消して、次は3文字の単語を打ちます。

    3letter

    4文字までいったら、2文字に戻って繰り返します。

    4letter

    2文字から3文字の短い単語を、繰り返し書いて下さい。 無理に文字数を増やす必要はありません。 力を抜いて、ゆっくり打って下さい。

    多くの人はキーを押す時に、頭の中で単語やアルファベットを発音しています。 声には出さなくても、 「イー、エー、ティー」「ハブ、ハブ、ハブ…」などとつぶやいていると思います。 繰り返し書いていると飽きてきて、頭の中の発音を省略するようになります。

    短文を数行に分けて書く

    次は3単語くらいの文を書きます。 単語ごとに改行を入れて、縦に長く書いて下さい。

    3words

    これは複数行を一度に読むための練習です。 慣れてくると、これを一目で読めるようになります。 同じように、簡単な文をいくつか書いて下さい。

    英語の読解力

    速読を練習すると、頭の中で発音せずに読めるようになります。 脳内での発音や逐語訳を止めれば、速く、楽に読むことができます。 また、飛ばし読みが楽になって、理解できる部分だけを拾えるようになります。

    わからない単語を一つ一つ調べるか、 推測しながらどんどん読んでいくか、 目的によって使い分けましょう。速読を活かすなら、 ある程度理解できる文章を、大量に読んでいくのがよいでしょう。

    ウィキペディアの記事などを拾い読みして、英文に慣れながら、 語彙と知識を増やしていきましょう。 記事の最初の文、最初の段落だけでも十分です。 だんだんと読める範囲が広がっていきます。

    辞書の説明文、定義文にも慣れていきましょう。 まずは基本単語や頻出単語など、知っている単語を辞書で調べて下さい。 辞書に慣れると、単語帳のように読むこともできます。

    さらに作文の練習で、根本的な読解力を鍛えましょう。 英語で理解して、英語で考える訓練にもなります。 色々なジャンルの文章を書いて下さい。

    会話やスピーチの練習も進めましょう。 表現やコミュニケーションの経験が、読解力に繋がります。

    英語の特徴

    英語は語順が規則的で、速読に適しています。 主語を省略しないので、文の構造がわかりやすいです。 辞書や辞典のように簡潔に説明する文章は、特に読みやすいです。

    英語はインターネット上で最も多く使われている言語です。 ウェブサイト全体の半分は、英語で書かれています。

    タイピング、ウェブサイト、動画、オンライン辞典、翻訳ツールなど、 学習しやすい環境が整っています。

    文字、文法、発音など、英語と日本語には大きな違いがあります。 冠詞や時制などは無理に日本語に置き換えずに、英語のまま理解していきましょう。 逆に日本語の語順、省略、文体による違いを、英語で表現するのは難しいです。

    フランス語、スペイン語、ドイツ語など、英語に近くて学習しやすい言語があります。 英語の速読を活かして、第二、第三の外国語を勉強して下さい。 近い言語と比較することで、英語の理解が深まります。

    このサイトの英語版は、まだ少ないですが、色々な国からアクセスがあります。 英語で書くことで、より多くの人に届くようになります。

    作文の練習

    自分で文章を考えることで、読解力もスピードも改善します。 一行でもいいので作文を繰り返しましょう。

    短い作文を繰り返しながら、 単語と単語の関係や、話し手と聞き手、登場人物の関係を考えて下さい。

    実際の英文では、一つの文がかなり長くなります。 読書量を増やして、複文や従属節にも慣れていきましょう。

    svo

    まずは文を作ることに慣れましょう。 基本文型をイメージして、簡単な文を作って下さい。

    英語は語順が規則的です。 単語と単語の関係が、語順によって示されます。 作文を繰り返して、文の構造に慣れていきましょう。

    関係性

    自分と相手、主語と目的語のような関係性を整理しましょう。 先にイメージを作ると、書きやすくなります。 また、文法の学習においても重要です。

    会話、スピーチなど、具体的な場面を想像して下さい。 そして、それぞれの関係、立場、目的などを考えましょう。

    英語には代名詞や時制があるので、常に関係性を意識することになります。 一人称二人称三人称、近称と遠称など、図をイメージして使って下さい。

    小説

    小説の場合は、関係性が複雑になっています。 誰の視点で、誰について、誰に向けて喋っているのかをイメージしましょう。 一人称視点と三人称視点、直接話法と間接話法を切り替えて文を書いて下さい。

    普通の文でも、それぞれの内面や背後関係を考えると複雑になります。

    構成

    短い文章でも、構成を意識しましょう。 タイトルや見出しをつけてみて下さい。

    色々なジャンルの文章について、構成や関係性を研究して下さい。

    発音の練習

    綴りと発音の関係を理解すると、単語が覚えやすくなります。 また、動詞の活用などの語形変化にも強くなります。

    英語の発音

    母音、子音、音節、単語、文と、 それぞれの単位で発音を練習して、ルールを覚えましょう。

    自然さや格好良さなどの感覚も大事にして下さい。 練習とは別に、気に入ったフレーズを繰り返して研究しましょう。

    まずは発音記号と発音を覚えましょう。 フォニックス教授のサイトなど、 発音記号とサンプル音声がある教材を使って下さい。 母音、子音、それぞれの発音を練習しましょう。

    音節

    音節の構造をイメージして下さい。 単語は音節の集まりで、 音節は母音と子音でできています。 「子音+母音+子音」のような、基本的な形をイメージして下さい。

    同じ発音記号でも、周りの音によって発音は変化します。 例えば母音の前のt、母音の後のt、母音に挟まれたtは違う音になります。

    音節の発音を覚えるために、短い単語を練習しましょう。 オンライン辞書やGoogle翻訳など、 発音記号とサンプル音声があるツールを使って下さい。 まずは発音記号を意識して練習しましょう。

    ツールによって、発音記号の種類が違うので注意して下さい。 また、発音は、国や地域、人によって違います。 教材の記号や発音が絶対的に正しいということではありません。

    慣れてきたら、長い単語も練習しましょう。 単語の綴りと発音記号の関係も意識して下さい。 likeのeやhighのghのように、 発音されない文字があります。こうしたルールも少しずつ覚えていきましょう。

    さらに、Google翻訳などを利用して、2語、3語、くらいの短文を繰り返し発音して下さい。単語と単語を繋げるような喋り方や、リズム、イントネーションを覚えましょう。

    母音、子音、音節、単語、フレーズから文章まで、バランス良く練習して下さい。

    英語版のウィキペディアを読む

    ネット環境があれば、英語版ウィキペディアが良い教材になります。 英語版は記事数が多く、文や記事の構成がシンプルで読みやすいです。 自分の読解力に合わせて、理解出来る部分を選んで読んでいきましょう。

    記事数が多いので、記事の中のリンクも多いです。単語や項目について、 さらに詳しい記事を読むことができます。

    まずはよく知っている分野の記事を読んでいきましょう。 最初の定義、概要だけでも読めるようにして下さい。

    読みやすいSimpleEnglish版もあります。記事数が少ないので、 慣れると通常の英語版のほうが読みやすくなるでしょう。

    ニュースを読む時に、固有名詞の知識が重要です。 ブラウザのアドオンなどを使って、単語をすぐにウィキペディアで調べられるようにしましょう。 また、国や人物についての記事をどんどん読んでいきましょう。

    学問系の記事を使って、英語で勉強することに慣れていきましょう。 小中学校の勉強を、英語で復習して下さい。 英文法などの記事もあるので、英語で英語を勉強するのもよいでしょう。

    WiktionaryやWikisourceなど、姉妹サイトが充実しています。 Wiktionaryは多言語に対応していて、語形変化、語源、派生語などに強いです。 Wikisourceでは古典作品や翻訳などを読むことができます。

    英語のニュースを読む

    ヤフーニュース、グーグルニュースなどで、英語のニュースを読みましょう。 まずは見出しだけでも、毎日読んで下さい。 本文をスラスラと読むには、かなりの語彙、知識、読解力が必要です。

    海外のヤフーニュースはデザインが似ていて、US版、UK版、 インド版などを同じ感覚で読むことができます。 グーグルニュースでは、20カ国以上の英語ニュースを読むことができます。

    日本のニュースと同じで、見出しには独特の省略の仕方があります。 写真も参考にして、誰が何をしたのかをイメージできるようにして下さい。 そして、見出しによく出てくる固有名詞を覚えていきましょう。

    ニュースの文章は一つ一つの文が長く、主語述語の関係がわかりにくいです。 また、記者によって文体が大きく変わります。 ウィキペディアで長文に慣れておきましょう。

    ロイターのThe Wireのページでは、見出し、写真、最初の段落をまとめて読むことができます。 国際、経済、政治のニュースが中心です。 ロイターは無料で本文を全部読めるので、おすすめのサイトです。

    Engadgetは、IT、ゲーム、エンターテイメント、車などのニュースサイトです。 日本の企業や商品もよく話題になっています。

    英語版ウィキペディアは記事が多く更新も早いので、 現代用語辞典として使うこともできます。 わからない単語は英和辞典、英英辞典、ウィキペディアで調べて下さい。

    ニュースの読解力は、ニュースのリスニング能力に直結します。メディアによっては、 放送で読み上げる原稿がそのまま記事になっています。記事をたくさん読んで、 ニュース動画も見て下さい。

    英語で英語を勉強する

    英語のウェブサイトは、日本語の何倍もあります。 無料で使える学習サイトや、辞典、辞書、単語集などを活用して下さい。 日本語で基本を学んだら、英語で英語を勉強しましょう。

    まずは基本的な文法を、 日本語の学習サイトと比較しながら学習して下さい。 私がよく読んでいるのは英文法大全、Lingolia、Cambridge Dictionary Grammarです。 実際に使われる表現を学ぶことができます。

    英語版ウィキペディアでは、言語学的な視点で幅広く学ぶことができます。 色々な言語についての記事も読んで下さい。

    英英辞典、英語の辞書にも慣れていきましょう。英和辞典と合わせて、 すでに知っている基本的な単語を調べて下さい。 Cambridgeやcollinsなどのオンライン辞書のほかに、Wiktionaryも勉強になります。

    英語で他の言語を勉強する

    さらに、英語を使って他の言語を勉強して下さい。英語のウェブサイト、辞書、辞典、 自動翻訳を使えば、効率良く学ぶことができます。

    英語に近いフランス語、スペイン語、ドイツ語などを勉強して、英語と比較して下さい。 また、色々な言語の文法、発音、語彙などを比較して下さい。 他の言語と比較することで、英語の特徴が見えてきます。

    また、学習サイトやウィキペディアの記事を参考にして、 英語で何かを説明する練習をして下さい。

    単語帳の速読

    速読や作文の練習は、中学生レベルの単語でも可能です。 練習と学習を進めるにつれて、単語を覚える能力が上がっていきます。 自分の成長に合わせて、単語帳や読み方を変えて下さい。

    市販の単語帳で、目的やレベルが合うものはなかなか見つかりません。 究極の単語帳など詳しいものを買っておいて、 読み方を工夫して下さい。

    発音や文型、品詞、語源、例文など、複数の要素を結びつけると覚えやすくなります。 暗記のテクニックを研究するよりは、バランス良く学習を進めるほうが良いと思います。

    速読に慣れると、辞書や辞典も単語帳のように読めるようになります。 スマホの単語アプリよりも、書籍やパソコンの画面で一気に読みたくなります。 ポケット版やペーパーバック版は小型で安く、使いやすいです。