速読と資格の勉強

速読を利用した勉強方法の研究です。 テキストの読み方を工夫して、繰り返し読むというのが基本です。

自分で文章を考えることで、読解力が鍛えられます。 教科書や事典のように、文章で説明する練習を繰り返しましょう。

また、問題文を作る練習も効果的です。出題パターンを研究して、 問題文の読解力を鍛えましょう。

資格ごとの勉強方法

選択式のマークシート試験の場合は、 テキストと問題集を繰り返し読むだけでもよいでしょう。 作文を組み合わせれば、集中力が上がります。

FP3級は暗記する要素も少なく、速読に合っています。 扱う分野が幅広いので、科目ごとに繰り返し読んで下さい。

基本的な能力を鍛える

読解力を鍛えるには、文章で説明する練習が効果的です。 頭の中で内容を整理しながら書いて下さい。 さらに図やグラフの使い方を覚えて、イメージしながら書いて下さい。

特に目標が無ければ、小中学校の勉強から復習しましょう。 ウィキペディアや、公務員試験のテキストが便利です。

数字の速読や計算の練習を繰り返すと、算数、数学への苦手意識が無くなります。 まずは数字を書くところから、簡単な練習を繰り返しましょう。

理系の科目では、重力、温度、水、空気など、イメージしやすいものから取り組むとよいでしょう。感覚的なイメージと、文章を結びつけて下さい。数式やグラフにも慣れていきましょう。 原子やエネルギーなども繰り返し勉強して、自分なりのイメージを作って下さい。

文型の科目では、歴史と地理が重要です。都道府県、日本史、 世界地図、世界史について、大まかなイメージを作って下さい。 そこに、政治経済法律などを結びつけていきましょう。 人間関係や組織図など、図をイメージして整理して下さい。

語学と勉強

英語を使って、色々な科目を復習するという方法もあります。 英語版のウィキペディアや、 英語圏の子供向けの学習サイトを利用して下さい。