速読と語学

速読を使った語学学習についての研究です。 学習の初期段階から読書量を増やして、効率を上げることができます。 文法や語彙が完璧でなくても、どんどん文章を読んでいきましょう。

言語の雰囲気が掴めれば、教材が読みやすくなります。 発音、文法、語彙などの学習と、作文や会話の練習を進めて下さい。

英語の学習

英語は語順が規則的で、速読に向いています。 そして、タイピングやウェブサイトなど、練習しやすい環境が整っています。

英語の速読、読解力、語彙、文法などは、他の言語の学習でも役立ちます。 複数の言語を勉強しながら、英語の練習を続けましょう。

英語に近い言語

ロマンス諸語は英語と共通点が多く、 語順も規則的で読みやすいです。 ゲルマン諸語も英語との共通点が多く、学習しやすいです。

英語と似ている単語が多く、意味を推測することができます。 どんどん文章を読んで、慣れていきましょう。 また、英語への自動翻訳も使えます。

冠詞、複数形、時制など、英文法と比較して覚えましょう。 名詞の性や格、動詞の人称変化など、英語には無い要素もあります。

ラテン文字を使う言語

ラテン文字を使う言語は、タイピング、速読、作文において有利です。 英語の教材を使うと読みやすいです。 学習しやすい範囲で、色々な言語に触れてください。

他の文字を使う言語

タイピングや手書きで文字を練習しましょう。 教材では、ラテン文字への置き換えも使います。

近い言語でラテン文字を使うものがあれば、参考にして下さい。 ロシア語ならポーランド語、アラビア語ならマルタ語、 ヒンディー語ならフィジーヒンディー語を読んでみましょう。

漢字を使う言語

漢字は文字が意味を表しているので、速読に向いています。 発音がわからなくても、意味だけを拾って読むことができます。

中国語の簡体字、繁体字、漢文で、読みやすいものから取り組んで下さい。 ベトナム語と韓国語も、漢字の影響を受けています。

多言語学習

Google翻訳が100以上、Wikipediaは300以上の言語に対応しています。 また、英語でウェブ検索をすると、色々な言語の学習サイトが見つかります。 市販の教材が無くても、かなりの言語を独学で学ぶことができます。

英語版Wikipediaには、各言語の文法や発音についての記事がたくさんあります。 英語で他の言語を勉強することで、英語の能力も鍛えられます。 他の文字を使う言語も、ラテン文字への翻字を使って、英語の教材で学習すると楽です。

最初は英語に近いフランス語とスペイン語、日本語に近い中国語が学習しやすいと思います。 話者、学習者、教材、情報が多く、独学にも向いています。

日本語は、文字、発音、文法、どれも複雑で学習しにくい言語です。 また、英語とは違う部分が多すぎて、比較が難しいです。 他の言語を学ぶことで、日本語や英語の特徴が見えてきて、深く理解できるようになります。

言語と言語の関係

言語の歴史や、語族などの分類を学びましょう。 言語と言語の関係を知っていると、学習を効率良く進めることができます。

似ている言語は、勉強しなくてもある程度読むことができます。 速読を使って、色々な言語を読み比べて下さい。

例えばフランス語とイタリア語、スペイン語とポルトガル語、スウェーデン語とデンマーク語とノルウェー語、ロシア語とウクライナ語などがよく似ています。

単語の語源を調べると、ラテン語やギリシャ語などの古典言語や、 その元になった祖語に辿り着きます。語源を調べることで、 他の言語の単語も一緒に覚えることができます。

英語版Wiktionaryには、語源や派生語が載っています。 また、アラビア語のウルドゥー文字表記、マレー語のアラビア文字表記、 ベトナム語の漢字表記など、複数の文字体系を学ぶことができます。

知識を増やす

学問や世界情勢など、言語を超えて共通する得意分野を作りましょう。 専門的な知識や経験、情報を、他の言語でどう表現するかを学んで下さい。

世界史や地理、言語などは、速読を使って学習しやすいジャンルです。 ウィキペディアだけでも相当な情報量があって、それを複数の言語で読むことができます。