Your Language:日本語

ロシア語の速読

概要

文字の学習以外は、英語の速読と同じです。 テキストエディタでタイピング、速読、作文を練習します。 並行して、単語や文法などの勉強を進めます。

タイピングと発音を練習して、キリル文字を覚えましょう。 ロシア語は母音の種類が多く、文字も10種類あります。 ラテン文字への置き換えも使いながら、 文法や語形変化を覚えていきましょう。

英語版の教材を使うと読みやすいです。 ポーランド語など、 ラテン文字を使う言語を一緒に勉強するのもよいでしょう。

発音自体は簡単で、ローマ字読みに近い部分もあります。 母音、子音、音節、単語、文と練習しながら、 文字との関係を覚えていきましょう。

速読の鍵となるのは、文字と語順です。 格変化で関係を示すので、語順がかなり自由です。 一方で冠詞は無く、文脈や状況から判断します。

ロシア語版ウィキペディアなど、わかりやすい文章から読んでいきましょう。 内容を推測する能力を鍛えて下さい。

目次
  • タイピングと文字
  • 発音
  • 作文
  • 文法
  • ロシア語のニュース
  • 他の言語との関係
  • タイピングと文字

    他の言語と同様に、まずはタイピングを練習します。 これから文字を覚える人は、ランダムな文字列で練習して下さい。 先に文字の形と配置だけを覚えて、後から発音や意味を結びつけましょう。

    ロシア語を入力できるように設定します。 windows8.1の場合は、コントロールパネルの言語設定からロシア語を追加して下さい。 メモ帳などのテキストエディタを使います。上手く表示できない場合は、 フォントをArialなどに変えてみて下さい。

    文字や単語を繰り返し書く

    このように、文字や短い単語を繰り返し書くだけです。

    ロシア語1文字

    フォントサイズを最大にして、このように適当に1文字を数回打って下さい。

    ロシア語2文字

    いったん全部消して、次は2文字を繰り返します。

    ロシア語3文字

    3文字まで練習したら、また1文字に戻って繰り返して下さい。 短い文字列を繰り返し打つことで、集中力を上げていきます。

    いきなり全部を覚える必要はありません。 ポジションごとに、または母音や子音で分けて覚えましょう。

    慣れている人は、2文字から4文字の単語で練習して下さい。

    長い単語を無理に打つ必要はありません。 発音や作文の練習を進めると、自然に打てるようになります。

    短文を数行に分けて書く

    複数行を読む

    次は、短い文を書いて下さい。 単語ごとに改行を入れると、複数行を同時に読む訓練になります。 慣れるとこのくらいは一目で読むことができます。

    作文や発音の練習と合わせて、 2語や3語の文を作れるようにしましょう。

    発音の学習

    文字と発音を結びつけて覚えましょう。 母音、子音、音節、単語、文、それぞれの発音とルールを学習して下さい。

    Google翻訳にロシア語を入力すると、ラテン文字への翻字が表示されます。これを利用して、ラテン文字との関係を覚えましょう。 ABCに置き換えると、発音がイメージしやすくなります。 ただし、英語読みやローマ字読みとは違うので注意して下さい。

    母音の種類が多く、さらに周りの音によって変化します。 発音記号も参考にして、まずは母音単独での発音をしっかり練習して下さい。 子音については、最初から発音記号と結びつけてもよいでしょう。

    東京外国語大学言語モジュールでは、 母音子音の基本から発音を学ぶことができます。 英語版のウィキペディアなどでは、 国際音声記号IPAが使われています。

    単語の発音については、Google翻訳やオンライン辞典が便利です。 Google翻訳にロシア語の単語を入力するか、 英単語をロシア語に翻訳して下さい。 単語と翻字を見ながら、サンプル音声を真似しましょう。

    ロシア語の発音

    単語の中にある、音節の構造を意識しましょう。 最初は短い単語で練習して下さい。 アクセントや発音の変化のルールも覚えていきましょう。

    Google翻訳では、文の発音も聴くことができます。 教材を使い分けて、 母音、子音、音節、単語、文、それぞれの発音を練習して下さい。 並行して、タイピングや作文の練習を進めましょう。

    Google翻訳では、 日本語入力のままロシア語をタイピングすることもできます。 テキストボックスの中のキーボードのアイコンをクリックして、仮想キーボードをオンにして下さい。 ただし、右側のキーの配置が少し違うので注意して下さい。 逆に、ロシア語入力を使っている時に、英語をタイピングすることもできます。

    作文の練習

    自分で文章を考えて書くことで、読解力が向上します。 文を書く前に、構成や関係性などを整理しましょう。

    ロシア語は冠詞が無く、主語やBE動詞も省略されます。 2語、3語の短い文を、たくさん作って下さい。

    svo

    まずは文の構造をイメージしながら、簡単な文を作りましょう。 ロシア語の語順は自由度が高いのですが、 最初は英語と同じSVOで練習して下さい。

    英語の基本文型を参考にして、SVOやSVCなど、パターンを決めて練習しましょう。パターンごとに、いくつかの文を作って下さい。

    一人称単数のЯと、短い動詞、名詞から覚えていきましょう。 「私は〇〇を食べる」、「私は△△を飲む」がわかりやすいと思います。

    ロシア語 話し手と聞き手

    次は、人と人の関係をイメージします。 誰が、誰に、誰のことを喋っているのかを考えましょう。 図や単語を書いて、整理して下さい。

    こうした関係性を考えることが、読解力やコミュニケーション能力に繋がります。文法の学習でも役に立ちます。 それぞれの関係、立場、場所、時間、内面、背後関係などを考えて下さい。

    また、文章の構成についても、先に整理してイメージを作りましょう。 色々なイメージを使って練習して下さい。

    文法

    作文や発音の練習と合わせて、文法の学習を進めましょう。 短い文を作りながら、文法を覚えて下さい。

    名詞の性と格、主語による動詞の活用、 完了体と不完了体などの特徴があります。 冠詞はありません。 英語を復習しながら、ロシア語と比較して覚えていきましょう。

    svo

    英語の文型と、ロシア語の格を結びつけて覚えましょう。 英語では語順や前置詞で表していた機能を、 ロシア語では格変化で表します。

    名詞の格、性、数に合わせて、 修飾する形容詞などが変化します。主語名詞の場合は、 動詞の活用が変わります。

    関係性

    人称、時制などについては、関係性をイメージして考えて下さい。

    動詞の完了体と不完了体についても、英語の時制と比較して覚えましょう。

    ロシア語のニュース

    ロシア語のニュースを読む習慣をつけましょう。 国名や人名を読むだけでも、文字を覚える練習になります。 自動翻訳を使いながら、見出しに目を通して下さい。

    VOAやyandexのように、複数のメディアから読めるサイトが良いでしょう。 yandexにはЯпонииカテゴリがあって、 日本に関係するニュースを集めてくれます。 GoogleNewsでは、ロシアとウクライナのニュースを読むことができます。

    英語で国際ニュースを勉強して、 ロシア語でもВ миреカテゴリを読んで下さい。 国名や人名は文中でも大文字で始まるので、わかりやすいです。 英語で予習しておけば、内容も推測することができます。

    動画では、国営のニュースチャンネルРоссия 24がyoutubeでライブ配信しています。 字幕が多いので、聴き取れなくても勉強になります。CMを見るのも面白いです。

    他の言語との関係

    ロシア語とウクライナ語、ベラルーシ語は近い関係です。 ロシア語のニュースが読めるようになったら、 ウクライナ語のニュースも読んでみて下さい。

    ラテン文字を使う言語では、ポーランド語、チェコ語、スロバキア語などが近い関係です。ポーランド語は、ベラルーシ語に似ています。 記号付きの文字がありますが、日本語と同じQWERTY配列が使えます。

    これらのスラブ語派の言語は、 スラブ祖語から派生した語彙を持っています。 英語版Wiktionaryなどを使って、単語の語源を調べて下さい。

    さらに語源を辿ってラテン語、ギリシャ語、印欧祖語まで調べると、英語との共通点も見えてきます。 キリル文字だけでも勉強しておけば、 他の印欧言語と一緒に単語を覚えることができます。