Your Language:日本語

ラテン語の速読

概要

テキストエディタを使って、タイピング、速読、作文を練習します。 使う文字は英語と同じなので、 日本語入力のままで練習することができます。

日常ではほとんど使われていないようです。 ニュースなどのウェブコンテンツも少ないです。 ただ、ラテン語版のウィキペディアとウィキソースがあります。

英語版の学習サイトを使うと読みやすいです。 英語とラテン語で、速読と作文を練習して下さい。

ウィキペディアの記事でラテン語の文章に慣れて、 基本的な単語や固有名詞を覚えましょう。 そして、ウィキソースで古典作品などを読んで下さい。

自由な語順、主語の省略など、速読にとっては不利な要素があります。 内容や意図を推測する能力が重要です。 作文の練習を繰り返して、読解力を鍛えましょう。

多くの言語に影響を与えているので、単語を覚えるだけでも役に立ちます。 ラテン語の単語と、そこから派生した英単語を結びつけて覚えましょう。

発音は色々な方式があります。 日本の教材は、古典式が多いようです。 Google翻訳では、イタリア語と同じ人が発音しています。

タイピングと速読の練習

基本的な練習方法は、英語の速読と同じです。 テキストエディタなどで単語を繰り返し書いて、頭の中の発音を省略します。

単語を繰り返し書く

ラテン語 2文字
ラテン語 3文字
ラテン語 4文字

このように、2文字から4文字の単語を繰り返し書いて下さい。 書いているうちに飽きてきて、頭の中で発音せずに書くようになります。

この練習では、長い単語を書く必要はありません。 発音の学習を進めると、自然に長い単語も書けるようになります。

短文を数行に分けて書く

ラテン語 短文

次はこのように、単語ごとに改行しながら、短い文を書きます。 これは、複数行を同時に読むための訓練です。 簡単な文をいくつか作って下さい。

キーボード

ラテン語は、基本的に英語と同じ26文字のアルファベットを使います。 発音記号や合字を使う場合は、言語入力の設定が必要です。

作文の練習

簡単な作文を繰り返して、読解力を鍛えましょう。 ラテン語は冠詞が無く、主語代名詞の省略があるので、 2語や3語で文を作ることができます。

文を書く前に、語順、構成、関係性などを整理しましょう。 図や単語を書き出して、イメージを作って下さい。

語順

まずは文の構造をイメージして、簡単な文を作りましょう。 英語の文型や自動翻訳などを参考にして、 パターンを決めて練習して下さい。

短い作文を繰り返しながら、文法や単語も覚えていきましょう。

関係性

次は、人と人の関係をイメージします。 誰が、誰に、誰のことを話しているのかを整理しましょう。

それぞれの関係、立場、目的なども考えて下さい。 図や単語を書き出して、イメージを作りましょう。

他にも、構成などをイメージして練習して下さい。

発音の練習

ラテン語は、時代や地域によって発音が違います。 古典式、ドイツ式、イタリア式などを確認して下さい。

Google翻訳では、イタリア語と同じ人が発音しています。 ただ、これがイタリア式なのかどうかはわかりません。

音節

古典式やイタリア式はローマ字読みに近く、見た目通りに発音します。 教材や発音記号を参考にして、単母音と長母音、 子音を練習しておけばよいでしょう。あとは、単語をどんどん覚えていきましょう。

Google翻訳を真似する場合は、短い単語、長い単語、短い文と、 適度に切り替えて練習して下さい。

文法

名詞の性と格があります。動詞は主語の人称で変化します。 冠詞はありません。主語代名詞の省略があります。

簡単な文の読み書きを覚えて、文を作りながら学習しましょう。

格は、英語の文型や前置詞と比較して覚えましょう。

動詞の活用が複雑です。英語とも比較しながら、 よく使うものを覚えていきましょう。 4パターンの規則的な活用があります。

他の言語との関係

ラテン語は、フランス語、スペイン語、ポルトガル語、イタリア語などの元になった言語です。

ドイツ語、英語、オランダ語、スウェーデン語などのゲルマン語にも影響を与えています。

複数の言語を学習する場合は、語源を使った学習が効果的です。 英語やフランス語などを勉強しながら、単語の語源を調べて下さい。 英語版のWiktionaryが使いやすいです。

語源となったラテン語、ギリシャ語などの単語と、 そこから発展した単語を覚えていきましょう。 印欧祖語まで遡ると、ヒンディー語やロシア語などとの共通点も見えてきます。 言語と言語の関係も勉強して下さい。