Your Language:日本語

韓国語の速読

概要

テキストエディタを使って、タイピングと速読を練習します。 さらに、作文の練習で読解力を鍛えます。

文字を覚えなければならないので、他の言語よりは時間が掛かります。 また、分かち書き、同音異義語など、速読にとっては難しい要素があります。 ラテン文字表記でも速読を練習して、教材を読んでいきましょう。

英語版の教材を使うと読みやすいです。 日本語版教材のカタカナ表記は覚えやすいのですが、 母音、子音、音節という構造がわかりにくいです。

ハングル文字は、一つの文字が一つの音節を表しています。 まずはタイピングを練習して、文字の形と翻字を覚えて下さい。 さらに発音のルールを覚えて、文字と音を結びつけていきましょう。

中国語の漢字や単語の影響を受けています。 中国語由来の単語は、漢字と結びつけて覚えましょう。 また、日本語や中国語の漢字を調べる時に、韓国語での意味も覚えましょう。

目次
  • タイピングの基本
  • 速読の練習
  • 発音の学習
  • 作文の練習
  • 文法
  • ニュース
  • 辞書
  • タイピングの基本

    まずは字母の形と配置を覚えて、ハングルに慣れていきましょう。 タイピングゲームなどを利用してもいいのですが、 ここではテキストエディタを使った練習方法を説明します。

    韓国語の入力の設定と、韓国語に対応したエディタ、フォントが必要です。 windows8.1の場合は、コントロールパネルの言語設定から韓国語を追加します。 標準のメモ帳はそのまま使えるようです。上手く表示できない時は、 フォントをGulimに変えてみて下さい。

    字母1

    フォントサイズを大きくして、まずは何か打ってみましょう。

    字母2

    このように2文字、3文字と打って、まずは配置を覚えていきます。

    字母3

    まずは左手だけ、右手だけを続けて打つようにして下さい。 ランダムに1文字2文字3文字、 また1文字2文字3文字と繰り返します。

    字母というのは文字の部品で、これを組み合わせて文字を作ります。 子音と母音を組み合わせて、一つの文字で一つの音節を表すようになっています。 左手側に子音、右手側に母音が配置されています。

    次は文字を作ってみましょう。

    子音
    子音+母音
    子音+母音+子音

    文字の多くは、”子音+母音+子音”という組み合わせになっています。 この図のように、 ”子音”、”子音+母音”、”子音+母音+子音”を繰り返し打って下さい。

    短い単位での練習を繰り返すと、集中力が上がっていきます。 まずは形とタイピングを覚えて、後から発音を結びつけましょう。

    速読の練習

    簡単な単語をいくつか覚えて、速読を練習しましょう。

    単語を繰り返し書く

    韓国語 単語 1文字
    韓国語 単語 2文字
    韓国語 単語 3文字

    このように、1文字から3文字の単語を繰り返し打って下さい。 長い単語を打つ必要はありません。

    繰り返し打っていると、頭の中の発音が省略されていきます。 短い単語や文なら、速読で読めるようになります。

    短文を数行に分けて書く

    韓国語 複数行

    次はこのように、細かく改行を入れて文を書いて下さい。 これは、複数行を一気に読むための練習です。 慣れればこのくらいは、一目で読めるようになります。 同じように、短い文をいくつか書いて下さい。

    ラテン文字でも同じように、単語や文を書いてみましょう。 発音や文法の学習に役立ちます。

    発音の学習

    文字と発音を結びつけていきましょう。母音と子音と字母、音節と文字、 単語、文と、色々な単位で練習して下さい。

    音節

    ハングル文字は、一つの文字が一つの音節を表しています。 「子音+母音+子音」「子音+半母音+母音+子音」のように、 色々な組み合わせがあります。

    母音と子音の発音は、翻字や発音記号と一緒に覚えましょう。 英語版ウィキペディアなどに、一覧表があります。 また、Google翻訳では常に翻字が表示されます。

    母音、子音の数が多いので、耳を鍛えることも重要です。 国際音声記号IPAを使って、色々な音を発音して下さい。

    字母ごとの発音を覚えても、文字や単語、文になると音が変化します。 例えば同じ子音でも、初声と終声では違う音になります。

    母音、音節、単語、文と、適度に切り替えながら練習しましょう。

    作文の練習

    速読では、イメージを使って整理する能力が重要です。 作文の練習で、整理する能力を鍛えましょう。

    語順

    まずは語順をイメージしながら、簡単な文を作りましょう。 「〇〇は△△だ」 「〇〇は△△を□□する」のようにパターンを決めて、 いくつか文を作って下さい。 一文字の単語を使うと楽です。

    語順は日本語によく似ています。英語の基本文型のように、 簡単なパターンを繰り返し練習して下さい。

    関係性

    次は、人と人の関係をイメージしながら、文を作って下さい。 動作主と動作対象、主語と目的語、話し手と聞き手のような関係を整理しましょう。 それぞれの関係、立場、目的、動機などを考えて下さい。

    主題と叙述という捉え方も重要です。 何について話すのか、何を伝えたいのか、相手は何を知りたいのかを考えましょう。 そして話し手と聞き手の関係に意識を向けて、敬語表現も覚えましょう。

    構成

    他にも、色々なイメージを使って練習して下さい。

    文法

    格助詞、語順、敬語など、日本語と似ている部分があります。

    文の構造や格については、英語と比較するとわかりやすいです。 主語、直接目的語、間接目的語のような関係をイメージしてから、 英語と韓国語で文を作って下さい。

    ニュース

    韓国のメディアの他に、VOAやGoogleNewsでも韓国語のニュースを読むことができます。 地名や人名から慣れていくのもよいでしょう。

    ニュースの見出しでは、国名を漢字で表記することがあります。 中国語も参考にして下さい。

    Youtubeなどで、韓国語のニュース動画を見ることができます。

    辞書

    weblioの日韓・韓日辞典が便利です。日本語、韓国語のどちらでも入力することができます。 韓国語のキーボードは英語入力と簡単に切り替えられるので、英語の辞典を利用するのも良いでしょう。

    Wiktionary英語版では、単語の語源、由来も調べることができます。漢字や漢字語は中国語、 日本語とも比較できるので便利です。日本語の漢字や熟語も、Wiktionaryで調べてみて下さい。