Your Language:日本語

速読の基本練習

概要

速読の基本は、頭の中の発音を省略することです。 単語や文を繰り返し書くだけで、この感覚を掴むことができます。 繰り返すうちに脳が飽きてきて、頭の中の発音を省略するようになります。

テキストエディタや、紙とペンがあれば十分です。 特別な教材を使わなくても、速読の基本を習得することができます。 速読の感覚を掴んだら、作文の練習で読解力を鍛えて下さい。

作文の練習では、文の構造や関係性をイメージします。 書く前に、主語と目的語、話し手と聞き手などを整理しましょう。 そして、色々なジャンルの文章を研究して下さい。

ニュース、辞書、辞典などを活用して、語彙と知識を増やして下さい。 外国語の勉強も、相乗効果があります。

目次
  • 概要
  • 速読とタイピングの練習
  • 単語を繰り返し書く
  • 頭の中の発音を省略する
  • 文を数行に分けて書く
  • 作文の練習
  • 語彙と知識
  • 注意点
  • 速読とタイピングの練習

    テキストエディタなどを使って、単語を繰り返し書きます。 紙と鉛筆でも練習方法は同じです。

    目の負担を減らすために、また視野を広げるために、文字サイズを大きくして下さい。

    単語を繰り返し書く

    2文字から4文字の単語を繰り返し書きます。

    2文字

    まずは平仮名で2文字の単語を、このように数回繰り返し打ちます。

    3文字

    いったん全部消して、次は3文字の単語を打ちます。

    4文字

    4文字までいったら、2文字に戻ります。 単語を変えながら、2文字、3文字、4文字を繰り返して下さい。

    Winndows標準のMS-IMEの場合は、無変換モードにするとタイピングが楽になります。 手書きで練習する場合は、画数の少ない文字や数字で練習して下さい。 英単語で練習するのも一つの方法です。

    頭の中の発音を省略する

    同じ単語を繰り返し書いていると、 飽きてきて頭の中の発音を省略するようになります。 最初は「ね、こ、ね、こ」と言っていたのが、「ねこ、ねこ、ねこ」「ねこねこねこ」になって、 最後には全く発音しなくなります。

    そのためには、簡単な練習を繰り返すことが重要です。 無理に文字数を増やさずに、短い単語を繰り返し書いて下さい。 タイピングの速度は関係ないので、力を抜いてゆっくり打って下さい。

    文を数行に分けて書く

    次は、簡単な文を数行に分けて書きます。 図のように細かく改行を入れて下さい。

    短文

    これは、複数行を読むための練習です。 慣れるとこのくらいは一目で読めるようになります。 改行を入れながら、短い文をいくつか書いて下さい。

    無理に文字数や行数を増やす必要はありません。 読解力を鍛えれば、スピードも上がります。 作文の練習で読解力を鍛えて下さい。

    作文の練習

    読解力を鍛えるには、作文の練習が効果的です。 苦手な人も、一行の文から練習を始めましょう。 自分で文章を考えることが、読解力に繋がります。

    まずは日記や日常会話など、書きやすい形を見つけて下さい。 慣れてきたら、色々なジャンル、形式、スタイルで練習しましょう。

    同じように、会話やスピーチなど、喋りの練習も進めて下さい。

    文型

    英語の基本文型のように、文の構造を意識して下さい。 パターンを決めて、文を作ってみましょう。

    日本語の場合は、主語、目的語、動詞という語順が基本です。 ただ、実際の文では省略される語が多いです。

    関係性

    話し手と聞き手、登場人物の関係も考えましょう。 それぞれの関係、立場、目的などを整理して下さい。

    実際の会話をイメージするとわかりやすいです。 相手との関係や状況を踏まえて、文を作りましょう。

    小説

    色々なジャンルの文章について、関係性や構造、構成を研究して下さい。

    構成

    小説、メール、ニュース、広告などを書いてみましょう。 また、会話、スピーチ、ナレーションなどを、即興で考えて喋って下さい。

    語彙と知識

    辞書や辞典は、速読で読みやすいです。 ニュース、オンライン辞書、ウィキペディアなどを組み合わせて、 どんどん読んでいきましょう。

    知識を増やすには、基礎が重要です。 小中学校の教科書を復習しながら、ウェキペディアを巡回して下さい。

    語彙についても、文法、言語学、漢字などを勉強すると、単語を覚えやすくなります。

    さらに、作文や喋りで説明する練習を組み合わせると効果的です。

    注意点

    速読の習得や効果を保証するわけではありません。

    指や手首、目などに負担を掛けないようにして下さい。 画面やキーボードなどの位置を調整して、 楽な姿勢で練習するようにして下さい。

    バランスを考えて練習しましょう。 一つの練習にこだわりすぎないようにして下さい。