イタリア語の速読

概要

練習方法は、他のヨーロッパの言語と同じです。 テキストエディタで速読と作文を練習しながら、 単語や文法、発音などを勉強します。

英語やフランス語に似ています。 また、ロマンス諸語の中でもラテン語に近い言語です。 似ている単語や文法を覚えて、効率良く学習しましょう。

主語の省略があるので、少し慣れが必要です。 ほかにも、冠詞、名詞の性、動詞の活用など、英語とは違う部分があります。 発音がわかりやすいので、動画などを使って学習して下さい。

フランス語やスペイン語に比べると、教材が少ないです。 イタリア語版のウィキペディアやニュース、 英語版の教則サイトなどを活用して下さい。

目次
  • タイピングと速読の練習
  • キーボードについて
  • 読解力を鍛える
  • 作文の練習
  • 発音
  • 英語での学習
  • イタリア語のニュース
  • 多言語学習とイタリア語
  • タイピングと速読の練習

    練習方法は英語などと同じです。 テキストエディタで、フォントサイズを大きくして、単語を繰り返し打つだけです。

    単語を繰り返し書く

    イタリア語2文字
    イタリア語3文字
    イタリア語4文字

    このように2文字、3文字、4文字の単語を繰り返しタイピングして下さい。 簡単な単語を繰り返し書くことでで、頭の中の発音が省略されて、 集中力とスピードが上がっていきます。

    短文を数行に分けて書く

    イタリア語短文

    短い文をこのように書くと、複数行を一目で読む練習になります。 単語ごとに改行を入れて書いて下さい。

    速読の感覚を掴んだら、 そのまま作文の練習に進みましょう。

    キーボードについて

    イタリア語では、英語と同じ26文字に加えて、 記号付きの文字éóàèìòùが使われます。こうした文字を入力するために、言語入力やキーボードレイアウトの追加が必要です。

    キーボード配列については、USインターナショナル配列、 カナダマルチリンガル配列を使うこともできます。他の言語と合わせて勉強する場合には、 こうした多言語対応の配列も試して下さい。

    USインターナショナル配列の場合、éは:キーを押してからeを押して入力します。 èは、半角全角キーを押してから、eを押します。

    USインターナショナル配列は他の記号にも対応していて、 フランス語、スペイン語、ドイツ語、スウェーデン語なども打つことができます。

    イタリア語は補助記号が出てくる頻度が低いので、 普通のキーボードでもある程度練習することができます。

    読解力を鍛える

    たくさん文章を読んで、作文を練習して、読解力を鍛えましょう。 ウィキペディアの記事が読みやすいです。

    速読を使えば、発音や細かい文法を無視して読むことができます。 固有名詞や英語に似た単語を手掛かりにして、 大まかな内容をつかめるようにしましょう。 そして、わからない単語を辞書や自動翻訳で調べて下さい。

    まずは主語の省略と、形容詞の位置に注意しましょう。 ある程度文章に慣れてから、動詞の活用などを勉強して、作文を練習して下さい。

    イタリア語は、発音と綴りがほぼ一致しています。 スピーキングやリスニングと合わせて学習を進めましょう。 ニュース記事をたくさん読んで、ニュース動画をたくさん見て下さい。

    フランス語、スペイン語、ポルトガル語と似ています。 ウィキペディアやニュースを読み比べて下さい。 また、時制や冠詞などの文法を比較して下さい。

    ロマンス諸語の中でも、ラテン語に近い言語です。 単語の語源を調べて、元になったラテン語や接辞を覚えましょう。 ラテン語版のウィキペディアも読んでみて下さい。

    作文の練習

    作文の練習で、読解力を鍛えましょう。 速読では、頭の中でイメージする能力が重要です。

    語順

    まずは語順、文型をイメージして、簡単な文をたくさん作って下さい。 英語と同じSVO語順ですが、主語は基本的に省略します。 また、形容詞は名詞の後ろから修飾します。

    フランス語と同じく、エリジオンがあります。 子音で始まる単語を使うと、文の構造がわかりやすいです。

    イタリア語 自分と相手

    次は、関係性をイメージします。主語と目的語、 話し手と聞き手などの関係を整理してから、文を作って下さい。

    それぞれの関係、立場、目的などを考えましょう。

    関係性をイメージしながら、人称、時制などの文法を学習して下さい。 動詞は、主語の人称によって変化します。

    イタリア語 文章力

    ほかにも色々なイメージを使って練習して下さい。

    発音の練習

    イタリア語の発音はわかりやすいです。 単語の文字の綴りと発音記号の綴りが、ほぼ同じです。

    音節

    母音の種類が多いので、IPAなどを参考にして練習して下さい。 練習を続けると、耳が慣れていきます。 あとは短い単語から覚えていけばよいでしょう。

    Google翻訳を使えば、単語や文の発音を聴くことができます。 短い単語、長い単語、短い文と、切り替えながら練習して下さい。

    英語での学習

    フランス語やドイツ語に比べれば、教材やツールが限られています。 遠回りに感じるかもしれませんが、英語の教材で勉強することも重要です。 英英辞典や学習サイトなどで、英語で勉強する感覚に慣れていきましょう。

    Italian Grammarなどで検索すると、学習サイトがたくさん出てきます。 学習サイトとウィキペディアは文体が違うので、両方を読み比べて下さい。

    英語版Wiktionaryが使いやすいです。語形変化や語源などの情報も載っています。

    ケンブリッジのオンライン英伊辞典は、英英辞典にイタリア語訳をつけたような形になっています。 ある程度勉強が進めば、有効に使えるようになります。

    イタリア語のニュースサイト

    YahooNewsのイタリア版、Yahoo Notizieがおすすめです。 US版など他のYahooNewsとデザインが同じで、読みやすいと思います。 GoogleNewsでも、イタリアのメディアの記事を読むことができます。

    まずは英語で、国際ニュースに慣れておきましょう。 そして、イタリア版のMondoカテゴリを中心に読んで下さい。 まずは、見出しを読めるようにしましょう。

    動画では、EURONEWSがイタリア語に対応しています。

    多言語学習とイタリア語

    イタリア語は、フランス語、スペイン語、ポルトガル語など、他のロマンス諸語によく似ています。 速読に慣れてきたら、他の言語のウィキペディアやニュースも読んでみて下さい。

    そして、ロマンス諸語の元になった、ラテン語を勉強しましょう。イタリア語は、 ロマンス諸語の中でもラテン語に近い特徴を残しています。 Google翻訳の音声では、ラテン語とイタリア語を同じ人が発音しています。

    さらに、英語と近いドイツ語を勉強して、そこから幅を広げていきましょう。

    Your Language:日本語