Your Language:日本語

ハンガリー語の速読

速読を使ったハンガリー語の学習について説明します。

概要

速読の練習方法は英語と同じです。 テキストエディタを使って、タイピング、速読、作文を練習します。

gaiyou

ハンガリー語は英語とは共通点が少なく、文法が複雑です。 学習を進めながら、ウィキペディアの記事などを読んでいきましょう。

英語版の教材を使って、英語と比較しながら勉強するとわかりやすいです。 名詞の格変化と、英語の前置詞を比べて下さい。 発音も複雑ですが、記号付きの文字や二重音字と対応していてイメージしやすいです。

語順によって主題や強調を表すなど、日本語と共通する部分もあります。 ハンガリー語の学習は、日本語の表現力や思考力に繋がります。

目次
  • タイピングと速読
  • 読解力
  • キーボード
  • 作文の練習
  • 文法
  • ハンガリー語のニュース
  • 他の言語との関係
  • タイピングと速読の練習

    短い単語を繰り返し書いて、集中力を高めます。

    hungarian 2letters
    hungarian 3letters
    hungarian 4letters

    このように、2文字、3文字、4文字の単語を繰り返し書いて下さい。 書いているうちに飽きてきて、頭の中の発音が省略されていきます。

    hungarian sentence

    次は簡単な文を、単語ごとに改行して書いて下さい。 視野を広げて、複数行を同時に読む訓練です。

    読解力

    ハンガリー語は語形変化が複雑で、語順も自由です。 英語と共通する語彙も少なく、あまり手掛かりがありません。

    語幹や文脈から意味を推測しながら読んで下さい。 文章に慣れると、文法や発音の学習が楽になります。 語順による表現は、作文を練習しながら覚えましょう。

    ハンガリー語版のウィキペディアを読んでいきましょう。 固有名詞が多い分野なら、英語の語彙を活かすことができます。 国や言語についての記事がよいでしょう。 記事の最初の定義文や概要のパターンを覚えて、 色々な記事の冒頭を読んで下さい。

    格変化や活用のように、派生語にも規則性があります。 元の単語と一緒に覚えていきましょう。

    キーボードについて

    ハンガリー語では、á, ë, é, ó, ö, ő, ú, ü, űのように記号付きの文字を使います。 入力方式、言語、キーボードレイアウトなどの追加が必要です。

    Windowsの場合、ハンガリー語は2種類のレイアウトが用意されています。 101キーボードというレイアウトが、 普通の日本語キーボードと同じQWERTY配列になっています。

    作文の練習

    作文の練習を繰り返して、読解力を鍛えましょう。 色々なジャンルの文章を読んで、書き方を学んで下さい。

    svo

    まずは英語と同じSVO語順で、簡単な文を作りましょう。 作文に慣れてから、主題、焦点を考えて語順を変えて下さい。

    名詞句の中では、冠詞、形容詞、名詞という語順が決まっています。

    関係性

    自分と相手、登場人物の関係を整理して下さい。 それぞれの立場や目的を考えましょう。

    関係性をイメージしながら、人称や格、時制などを学習して下さい。 格変化の種類が多いですが、英語の語順や前置詞と対応しています。

    主題や焦点についても、相手との関係を踏まえて考えましょう。

    文法

    動詞の活用や名詞の格変化の種類が多く、主に接尾辞によって変化します。 名詞の性はありません。

    動詞の活用では、目的語の定性の区別が特徴的です。 動作主と動作対象の関係をイメージして下さい。

    名詞の格を示す接尾辞が18種類あります。 英語の語順や前置詞と結びつけて覚えましょう。

    ハンガリー語のニュース

    Google NewsとEURONEWSが、Magyar(ハンガリー語)に対応しています。

    他の言語との関係

    ハンガリー語はウラル語族で、フィンランド語、エストニア語などが近い関係です。

    語彙では、他のヨーロッパの言語からも影響を受けています。 複合語や派生語が多いので、単語を覚える時には語源を調べてください。