速読と発音記号

英語の発音記号をタイピングする方法と、発音記号を使った学習方法を紹介します。

目次
  • 発音記号のタイピング
  • 発音記号の基本
  • 英語の発音と発音記号
  • 速読と発音記号
  • 日本語と発音記号
  • 他の言語と発音記号
  • 発音記号をタイピングする

    英語の発音記号を入力するには、いくつかの方法があります。 数文字だけなら、どこかからコピーペーストするか、 オンラインキーボードを使うと良いでしょう。 どの方法を使うにしても、フォントによって表示が変わるので注意が必要です。

    スマートフォンの場合は、GboardなどがIPAの入力に対応しています。 英語の発音記号には色々な方式がありますが、元になっているのはIPAです。

    ここでは、Aglaia Phonetic Symbolという無料のフォントを利用する方法を紹介します。 このフォントをパソコンにインストールすると、 日本の教材で使われる英語の発音記号をタイピングできるようになります。

    このフォントは英語の小文字、大文字、記号の一部を、発音記号に置き換えています。 他のフォントに変えると違う文字になってしまうので、 必ずこのフォントで表示しなければなりません。 印刷して使う場合には良いのですが、 ウェブで表示する場合や、 データを人に渡すような場合には注意して下さい。

    フォントをインストールして、テキストエディタで選択して下さい。 直接入力でキーを打っていくと、 発音記号に使われる文字だけが表示されます。

    配置

    シフトを押しながらキーを打つと、記号が出てきます。 記号の配置は、各キーの文字に関連付けられています。 文字の形、発音などと結びつけて覚えて下さい。

    シフトキー

    この他に、アクセントを示すための記号も使えます。

    外国の辞書などでは、このフォントに無い記号を使う場合もあります。

    配置の覚え方

    テキストエディタを使った練習方法を紹介します。 英語の速読についての記事も参考にして下さい。

    発音記号2文字
    発音記号3文字
    発音記号4文字

    このように、2文字、3文字、4文字の単語を繰り返し入力します。 最初はランダムな文字列でも構いません。 2文字から4文字を繰り返して下さい。

    それぞれの記号の発音や音節の構造を学習すると、 長い単語も打てるようになります。発音の学習、練習と、 このタイピングの練習を並行して進めて下さい。

    発音記号の基本

    発音記号は、文字や単語の発音を表記するためのものです。 日本の教材で使われている記号以外にも、いくつかの種類があります。 英語のオンライン辞典やGoogle翻訳で、同じ英単語を調べてみて下さい。

    国際標準記号IPAは、多くの言語の発音に対応しています。 各言語の教材では、IPAをアレンジして使うことが多いです。

    一つの単語に対して、正しい発音というものが定められているわけではありません。 米国式と英国式があって、さらに地域や人によって発音が違います。 辞典によっては、複数の発音記号が書いてあります。

    発音記号ごとの発音を覚えることがゴールではありません。 音節の構造や、音の変化を学習しましょう。 同じ文字や発音記号でも、発音は周りの音によって変化します。 例えば米国式の場合、time, get, laterのtは、違う音になります。

    音節、単語、文それぞれに、音の変化のルールがあります。 発音記号を使って、文字と発音、単語の綴りと発音の関係を覚えていきましょう。

    英語の発音と発音記号

    まずは英語で、発音の仕組みを学習しましょう。 それぞれの発音記号の発音を練習しながら、母音、子音、音節、単語という構造を覚えて下さい。

    英語は、単語の綴りと発音のギャップが大きい言語です。 特に母音について、発音と綴りの関係を覚えていきましょう。

    また、英語は地域による発音の違いも大きいです。 米国、英国、オーストラリアなど、色々な地域の発音を聴いて下さい。

    まずは単母音の発音記号と発音を覚えましょう。 ウィキペディアやIPA Chartなどで発音を聴いて、真似して下さい。

    IPAでは、母音を口の開け方、舌の位置、唇の丸め方で分類しています。 日本語の前舌非円唇のイ、エ、後舌円唇のウ、オから始めて、他の音も練習して下さい。 自分の口の動きと音を観察していると、耳も鍛えられます。

    さらに、rを組み合わせた母音や、子音を練習しましょう。 ここからは、短い単語を使って練習して下さい。 オンライン辞書やgoogle翻訳を使って、単語の発音を真似しましょう。

    音節の構造を意識しましょう。 日本語は「子音+母音」が基本ですが、 英語は「子音+母音+子音」のような形が多いです。 子音は2つ3つと重なる場合もあります。

    音節

    同じ子音でも、母音の前と後では違う音になります。 また、rのように母音でも子音でも使う文字に注意して下さい。

    英語の発音

    音節をイメージしながら、単語の綴りと実際の発音の関係を覚えていきましょう。 likeのeやeightのghのように、発音しない文字があります。

    速読と発音記号

    速読を練習すると、頭の中でも発音せずに読めるようになります。 ローマ字読みやカタカナ発音を使わずに、速読で文章に慣れていきましょう。 それから、発音記号を使って発音を学習して下さい。

  • 関連記事:英語を速読しよう
  • ある程度長文に慣れてからのほうが、発音を学習しやすいです。 母音子音から会話まで、色々なレベルで発音を練習して下さい。

    発音記号を使って、発音を視覚的に捉えましょう。 音節構造やアクセント、リズムなども、図でイメージして下さい。 視覚化することで、速読の邪魔をせずに発音を覚えることができます。

    キリル文字やアラビア文字を使う言語でも、発音記号や翻字を使って、 発音を視覚的にイメージすると読みやすくなります。

    日本語と発音記号

    英語の発音を学習しながら、日本語の発音も意識してみましょう。 母音、子音、単語や文をどのように発音しているか、改めて観察して下さい。

    IPA Chartを使って、色々な母音、子音を発音して下さい。 音の出し方や聴こえ方に意識を向けてから、 日本語の文字を普段どおりに発音してみましょう。

    発音しにくい文字、聴き取りにくい文字があれば、 発音を工夫しましょう。近い母音や子音を参考にして、音の出し方を調節して下さい。

    文字ごとの発音を練習したら、単語や文の発音を観察して下さい。 英語ほどではありませんが、変化や省略があります。

    発音を意識しすぎると、普段の喋りに影響が出るかもしれません。 スピーチや会話、作文などと合わせて、バランス良く練習して下さい。

    他の言語と発音記号

    発音記号を使って、色々な言語の発音を学びましょう。 多くの言語は、英語よりも発音のルールが簡単です。

    英語版ウィキペディアでは、各言語の発音、phonologyについての記事があります。 IPAを使って、子音母音の発音や、文字との関係を詳しく説明しています。 複数の言語を勉強すると、発音の仕組みが見えてきます。

    日本の教材や辞書は、発音をカタカナで表記するものが多いです。 発音記号があれば、母音、子音、音節という構造がわかりやすいです。

    スペイン語やイタリア語、インドネシア語などは、 単語の綴りと発音記号の綴りがほぼ同じです。 見た目通りに読めばいいので、学習しやすいです。 スウェーデン語は母音の種類が多いのですが、 符号付きのアルファベットが対応しています。

    フランス語は綴りと発音のギャップが大きく、母音の種類も多いので難しいです。 Rの発音や、リエゾンなどのルールも覚えなければなりません。

    ポーランド語は見た目にも子音が多く、音節構造がわかりにくいです。 母音の前後に子音が4つ、5つと重なる場合があります。

    ロシア語、ギリシャ語など、他の文字を使う言語では、 ラテン文字に置き換えるとわかりやすいです。 文法や語形変化はラテン文字で学習して、 発音はさらに発音記号に置き換えて学習しましょう。

    韓国語のハングルは、発音記号に似ています。 子音や母音を表す字母を組み合わせて、一つの文字を作ります。

    中国語については、ピンインという方式があります。 ラテン文字と記号を使って、音節と声調を示します。 パソコンのキーボード入力にも使われます。