Fire TV Stickで英語の勉強

Fire TV Stickは、テレビに挿して使うスティック型のPCです。 リモコンの操作で、手軽にネット動画などを見ることができます。 私は台所のテレビで英語のニュースを見るために使っています。

目次
  • Fire TV Stickの紹介
  • 英語の勉強に使える機能
  • 英語の勉強方法
  • 学習者向けの動画
  • ニュース動画の視聴
  • ブラウザについて
  • ラジオを聴く
  • AirReceiver
  • 動画を快適に見るために
  • 広告について
  • リモコンについて
  • 他の言語について
  • 有料の動画サービスについて
  • Fire TV Stickの紹介

    テレビで動画を見たいときに、FireStickは一番手頃なアイテムです。 wifi環境があれば、 すぐにTver、youtube、AbemaTV、GYAO、英語ニュースなどを見ることができます。 リモコンで操作するので、テレビのチャンネルが増えたような感覚で使えます。

    AmazonプライムやHuluなどの有料動画配信サービスと契約すると、 さらに多くの動画を見ることができます。

    最近は、テレビ自体にネット動画を見る機能がついています。 Firestickはコストパフォーマンスが良いので、 テレビの買い替えまでの繋ぎ役や、 2台目、3台目のテレビ用にもちょうど良いと思います。

    Firestick用のアプリをインストールすると、 機能を追加することができます。 スマホやパソコンの画面をテレビに映したり、 NASの動画を再生したりと、色々なアプリがあります。 こうした機能は、最新のテレビでも役に立ちます。

    私は最初の機種から使っていますが、だんだん本体の性能が上がって、 スムーズに動くようになりました。 アプリもスマホ版の流用から、リモコン操作に適したものに変わってきました。

    英語の勉強に使える機能

    youtubeなどの英語の動画を、テレビ番組のように手軽に見ることができます。 英語のコンテンツはたくさんあるので、能力や目的に合うものを探して下さい。 この記事では、無料の動画を中心に紹介していきます。

    アプリ、youtube、ブラウザ、スマホからのミラーリングを使い分ければ、 ほとんどのネット動画を見ることができます。 ニュース、学習者向けの動画、子供向けの教育チャンネルなど、 無料で使えるものがたくさんあります。

    また、アプリを使って、パソコンの共有フォルダやNAS、クラウドに保存した動画を見ることもできます。 Stick自体には、動画を保存するだけの容量がありません。

    リモコンで文字を入力して検索するのは、手間が掛かります。 パソコンやスマホで動画を探しておくか、 NASに保存しておくとよいでしょう。 アプリの順番も並べ替えて、すぐに動画を見れるようにしましょう。

    今後は音声入力による操作が進化して、メインになっていくのだと思います。 最新のFire TV Cubeは、Stickとアレクサが合体したような製品で、 リモコン無しでも操作できるようです。 ただ、今の段階では、音声認識を英語学習に使うのは難しいと思います。

    英語の勉強方法

    まずは英語の動画に慣れていきましょう。 字幕無しでも聴き取れるレベルの動画を、繰り返し見て下さい。 そして、フレーズの真似や簡単なスピーチを繰り返して、 頭の中に英語の回路を作って下さい。

    母音と子音を一つ一つ練習すると、聴こえ方が変わってきます。 音節、単語、文など、色々な単位で発音を練習して下さい。

    それとは別に、英語ニュースの視聴を習慣にしましょう。 聴き取れなくても、見出しや映像を見て内容を予想して下さい。

    ニュースやウィキペディアの文章に慣れると、リスニング能力も上がります。 記事をたくさん読んで、知識を増やし、長文に慣れてください。

    ドラマ、バラエティ、スポーツなどは、また違う難しさがあります。 インタビュー記事や字幕付きの動画を使って、表現を覚えていきましょう。 セリフやフレーズを真似しながら、ウェブ検索などで意味を調べて下さい。 オンライン英和辞典は、日常会話のフレーズも扱っています。 また、英語版ウィキペディアは、専門用語や時事用語も載っています。

    別の記事で、速読を中心にした学習方法を紹介しています。

  • 英語を速読しよう
  • 英語学習者向けの動画

    私が見ている動画をいくつか紹介します。

    WOW ENGLISH TVは、子供向けの英語学習チャンネルです。 英語教師とペットのカラスの会話で、 基本的な表現を学ぶことができます。 Youtubeにたくさんの動画があります。 子供向けなので喋るスピードがゆっくりで、内容もわかりやすいです。 字幕無しの英語動画に慣れるために、ちょうど良いと思います。

    Caillouは、子供向けのアニメです。 小さい男の子の日常生活を描いています。 日本のアニメにも似た雰囲気で、安心して見ることができます。 私はyoutubeチャンネルの過去動画から、season 3 All Episodes NON STOPを よく見ています。

    Sesame Streetは、放送50年を超えるアメリカの教育番組です。 Youtubeではコーナー単位で動画がアップロードされています。 動画一覧から、気に入ったコーナーを見ていきましょう。

    EnglishClass101は、大人向けの英語学習チャンネルです。 スピードは普通ですが、 簡単な表現で喋ってくれるので聴き取りやすいです。 最初はKNOW YOUR VERBSの動画がわかりやすいと思います。 週に一回のライブ授業では、色々な国の人がチャットに集まっています。

    TEDでは、色々な分野のプレゼンテーション動画を見ることができます。 わかりやすい喋り方のお手本にもなります。

    ニュース動画の視聴

    日本も含めて、色々な国のメディアが英語でニュースを配信しています。 ライブ配信や最新の動画を、手軽にテレビで見ることができます。 現状では、日本語のニュースよりも充実しています。

    多くのメディアは、複数の視聴方法を用意しています。 アプリ、ブラウザ、youtubeを、操作性や安定性で使い分けて下さい。

    youtubeでnewsやliveで検索すると、ニュースをライブ配信しているチャンネルが見つかります。 アメリカ、イギリス、オーストラリア、シンガポールなどの英語圏や、 フランス、ドイツ、カタール、中国などの英語ニュースを見ることができます。 最近では英語以外のチャンネルも増えてきました。 動画のアドレスは変わることがあるので注意して下さい。

    アプリは、ニュース・新聞というカテゴリにたくさんあります。 パソコンでamazonのサイトからアプリを探して、 そこから直接FireStickにインストールすることもできます。

    私がよく見ているのは、FRANCE24です。 基本的に30分単位で、スタジオ生放送のWorld Newsを中心に、 24時間ライブ配信しています。 また、画面下に最新ニュースのヘッドラインが表示されています。

    FRANCE24は、アプリ、youtube、ウェブサイトで配信しています。 ライブ配信のほか、World NewsやBusinessなどの番組や、 個別のニュースごとの動画を見ることができます。

    DWもライブ配信や最新動画を見ることができます。 ドキュメンタリーやスポーツなどの番組が多いです。 この2つは、 アメリカのニュース番組よりも聴き取りやすい気がします。

    アメリカのメディアでは、NBC News, TODAY, MSNBCが共通のアプリになっています。 リモコンで操作しやすく、ニュース以外の番組も見ることができます。 その他、BloombergやNHKWORLDなども使いやすいです。

    複数のメディアを切り替えながら見たい場合は、Youtubeアプリのお気に入りや、 ブラウザのブックマークを使うとよいでしょう。

    ブラウザについて

    ブラウザアプリを使えば、パソコンやスマホと同じようにウェブサイトを見ることができます。 動画の再生も可能です。 現在はSilkとFirefoxの2種類があります。

    基本的にはスマホのブラウザと同じです。検索やブックマーク、 モバイル版とデスクトップ版の切り替えなどのメニューがあります。

    youtubeなどのサイトでは、アプリ版への誘導や切り替えがあります。 また、個別の動画やチャンネルのブックマークができない場合があります。 デスクトップ版と上手く使い分けて下さい。

    デスクトップ版では、 Firestickに公式対応していない動画サービスを利用できる場合があります。 現時点ではNHKプラスやradiko、blilibliliなどを使うことができますが、 今後どうなるかはわかりません。Tverのように、FireStick用のアプリが出る場合もあります。

    リモコン操作や表示サイズの関係で、ページの一部が見れない、 検索機能が使えないサイトもあります。bluetoothでマウスやキーボードを接続すると、 パソコンのような感覚で使えます。

    マウスだけでもあれば、スクロールが使えるので楽になります。 Andoroid対応のマウスで、戻る、進むボタンが使える場合もあるようです。 ただ、ホーム画面ではマウスが使えません。

    セキュリティソフトや広告ブロックが無いので、 閲覧するサイトは慎重に判断して下さい。

    ラジオを聴く

    TuneInRadioアプリを使えば、世界中のラジオを聞くことができます。 BBCのストリーミングや、1時間ごとに更新されるポッドキャストがおすすめです。

    ブラウザ経由で、radikoが使えます。 silkブラウザの場合、メニュー画面からデスクトップサイトをリクエストして下さい。 タイムフリー機能も使えます。 スマホ用のサイトやアプリは、firetvでは使うことができません。

    NHKについては、らじるが使いやすいです。 AM第一、第二、FMを聴くことが出来ます。 こちらはモバイル向けのサイトでも使えます。

    ラジオ第二の語学講座は、 NHKのサイトで過去の放送を聴くことができます。

    AirReceiver

    AirReceiverは有料のアプリです。iPhoneやパソコンの画面を、 テレビに映すことができます。一度起動しておけば、FireStickがスリープ中でも反応します。 iPhone側の操作だけで使えるので、手軽で便利です。

    iPhoneでネット動画を再生して、それをミラーリングすることもできます。 FireStick側のアプリと、上手く使い分けて下さい。

    Google Castにも対応しています。 Windowsパソコンの場合は、Chromeブラウザのキャスト機能を使って下さい。 ブラウザのタブやパソコン上の動画、デスクトップをテレビに映すことができます。

    NASの画像や動画を再生する機能もついています。 Youtubeも見れるようになりました。

    ミラーリングが上手くいかない場合は、AirReceiver側でrestartを試して下さい。

    動画サイトや配信サービスによって、ミラーリングできない場合もあります。 NHKプラスをスマホからミラーリングしても、動画は表示されません。

    動画を快適に見るために

    私は初代のFirestickも使っていましたが、 アプリによっては再生が不安定になりました。 今のFirestickは性能が上がって、 別売りの有線LANアダプタもあるので、 より快適に再生できています。

    最新のFirestickは、4Kに対応しています。 ただし4KやHDR動画を再生するには、対応したテレビと回線速度が必要です。 LAN・HDMIケーブルの種類や、テレビ側の設定も確認して下さい。 Firestick側も、本体とアプリの両方の設定を調べましょう。

    NASの動画の再生も、色々な要因が関係しています。 動画の形式、画質、再生するアプリ、コーデックなどの設定、 NASの性能などによって、音が遅れる場合があります。

    VLCアプリには、 音声と映像のズレを修正する機能があります。 AirReceiverなどから、外部プレーヤーとして使うこともできます。 私の環境では、 ハードウェアアクセラレーションとOpenGLを常に使う設定にすると安定します。

    非公式ですが、OTGケーブルを使ってSDカードやUSBメモリなどを繋いで、 動画を見ることもできます。

    レコーダーなどに録画したテレビ番組を見るためには、 DTCP-IPに対応したアプリが必要です。 AirReceiverとVLCは、DLNAには対応していますが、 DTCP-IPには対応していません。

    広告について

    少なくとも公式アプリの範囲では、 広告をブロックする方法がありません。 Amazonプライムの動画を見る時にも、 最初に他の動画の宣伝が入ります。 youtubeは、パソコンやスマホで見るときよりも広告が多い気がします。

    Firestickで見たいサイトは、 先にパソコンやスマホで確認しておきましょう。

    リモコンについて

    Firestickとテレビの両方のリモコンを使うことになります。 テレビの電源と音量、入力切り替えなどは、テレビのリモコンで操作します。 機種や設定によっては、 片方のリモコンだけである程度操作することができます。

    Firestick 4K以降のリモコンには、テレビの電源、音量、 消音のボタンが付いています。機種によりますが、 テレビを操作することができます。

    また、テレビのリモコンでも、Firestickの操作ができる場合があります。 私が使っているビエラでは、上下左右、決定、 戻るボタンが対応しています。ホームボタンとメニューボタンが使えませんが、 大体の操作は可能です。アプリの並べ替えなど、 決定ボタンの長押しで代用できる場合もあります。

    テレビ側のHDMI設定も色々と試して下さい。 テレビの電源や入力切替と連動して、 Firestickがスリープから復帰するようにすると便利です。

    スマホでFirestickを操作するためのリモコンアプリがあります。 リモコンの電池が切れた時のためにも、入れておきましょう。

    アプリによっては、無線接続のゲームパッド、マウス、キーボードなどが使えます。 ホーム画面はリモコンでの操作が基本ですが、 キーボードの上下左右キーなどが使える場合もあるようです。

    他の言語について

    Firestickでは、色々な言語の動画を見ることができます。 英語に比べると視聴者が少ないので、広告も少ない気がします。

    英語で他の言語を学習する動画や、吹き替え、字幕動画があります。 逆に、他の言語で英語を学習する動画もあります。

    FRANCE24は、フランス語、英語、スペイン語、 アラビア語でニュースを配信しています。 DWは、ドイツ語、英語、スペイン語、アラビア語の番組を配信しています。 先に英語で慣れておけば、他の言語でも理解しやすくなります。

    EURONEWSは、ウェブサイトでは10以上の言語でニュースを見ることができます。 アプリやyoutubeでも、いくつかの言語でライブ配信しています。

    youtubeには、台湾のニュースチャンネルがいくつかあります。 ケーブルテレビのニュースチャンネルをそのまま配信しているようです。 中国語の繁体字で字幕が多く、見ているだけでも勉強になります。

    スペイン語も、ライブ配信しているチャンネルがたくさんあります。 noticiasで検索すると、 アルゼンチン、メキシコ、スペインなどの放送局が出てきます。

    ロシア語の国営放送Россия 24も、字幕が多く見やすいです。

    アラビア語は、アルジャジーラやBBCなどがニュースを配信しています。

    上で紹介したWOW ENGLISH TVやCaillouは、色々な言語に翻訳吹き替えされています。

    英語も含めて、地域によって視聴が制限されている場合があります。

    有料の動画配信サービスについて

    今のところは、英語学習目的で契約するほどのものは無いと思います。 Youtubeやニュースだけでも十分に役立ちます。 見たいコンテンツや料金、操作性、広告の入り方などで選んで下さい。

    操作性で選ぶならAmazonプライムか、 リアルタイム配信が充実しているHuluがおすすめです。

    ライセンス認証やパスワードの入力などが、不安定な印象があります。 高画質のストリーミングでは、回線速度などの問題もあります。 有料サービスを契約するときは、お試し期間などを利用して、 快適に使えるかどうかを確認して下さい。

    一番相性が良いのはAmazonプライムです。ホーム画面のデザインなど、 プライム契約が前提になっている気がします。海外のドラマやドキュメンタリー、 字幕版映画などを見ることができます。

    さらに別料金のprime videoチャンネルがあります。 NHKオンデマンドなど、既存のサービスのprime videoチャンネル版もあります。 操作性や支払いを考えると、firesitickではこちらのほうが使いやすいと思います。