Your Language:日本語

フィリピン語の速読

テキストエディタを使って、タイピングと速読を覚えます。 そして、作文や発音の練習と、文法などの学習を進めます。

学習においては、フィリピン語とタガログ語は同じものと考えて良いでしょう。 文法が独特で、フォーカスやモードなどの概念があります。 主題や焦点を考えることは、日本語においても重要です。

アルファベットは、ほぼ英語と同じです。 タイピング、速読、作文の練習を、効率良く進めることができます。

タガログ語版のウィキペディアが読みやすいです。 固有名詞や、英語に似た単語を手掛かりにして下さい。 英語への自動翻訳も有効です。

目次
  • タイピングと速読の練習
  • キーボードについて
  • 作文の練習
  • 文法
  • 発音
  • 他の言語との関係
  • タイピングと速読の練習

    テキストエディタを使って練習します。 フォントサイズを大きくして下さい。 紙と鉛筆でも、練習方法は同じです。

    単語を繰り返し書く

    フィリピン語2文字
    フィリピン語3文字
    フィリピン語4文字

    このように2文字、3文字、4文字の単語を繰り返しタイピングして下さい。 短い単語を繰り返し書くことでで、 頭の中の発音が省略されていきます。

    短文を数行に分けて書く

    フィリピン語複数行

    短い文をこのように書くと、複数行を一目で読む練習になります。 単語ごとに改行を入れて書いて下さい。

    何か一つパターンを決めて、簡単な文を作れるようにしましょう。

    キーボードについて

    フィリピン語のアルファベットは、英語の26文字にÑとNgを加えたものです。 Ñを入力するにはスペイン語配列などの追加が必要です。

    普段の練習は、英語入力で進めてもよいでしょう。

    作文の練習

    作文の練習で、読解力を鍛えましょう。 文を作る前に、構成や関係性を整理して下さい。

    語順

    まずは文の構造をイメージしましょう。 動詞+主語のような簡単なパターンで、いくつか文を作って下さい。

    関係性

    次は、関係性を整理します。 英語の場合は、主語、述語、目的語のような関係を考えます。

    フィリピン語の場合は、動作主や動作対象だけでなく、場所や方向なども主語になります。 伝えたい内容を整理した上で、フォーカスを決めて下さい。

    何を伝えたいのか、相手は何を知りたいのかを考えましょう。 そこから、話し手と聞き手、書き手と読み手の関係に意識を広げて下さい。

    構成

    他にも、色々なイメージを使って練習して下さい。

    文法

    フォーカスやモードが特徴的です。 英語や日本語に訳して理解するのではなく、 フィリピン語で文を作って慣れていきましょう。

    フィリピン語の場合は、繋辞や接辞を使って関係性を表現します。 まずは動作主、動作対象、場所のような関係性を整理しましょう。 そしてどの補語を主語にするかを決めて、文を作って下さい。

    発音の練習

    発音はローマ字読みに近く、ルールも簡単です。 発音記号などを使って、母音、子音を練習して下さい。

    音節

    巻き舌や声門閉鎖音は、他の言語でも出てくる発音です。 色々な教材、動画などを参考にして下さい。

    Google翻訳で、単語や文の音声を聞くことができます。

    他の言語との関係

    スペイン語や英語などからの借用語がたくさんあります。