ベンガル語の速読

概要

まずはタイピングや手書きで文字を覚えましょう。 そして単語や文を繰り返し書いて、速読を練習して下さい。

ベンガル文字を覚えながら、ラテン文字への置き換えを併用して学習しましょう。 英語版の教材を使うと読みやすいです。

ベンガル語版のウィキペディアやニュースを読んでいきましょう。 固有名詞を覚えると楽になります。

ベンガル語は、綴りと発音の関係が複雑です。 ラテン文字に置き換えて、さらに実際の発音との違いを学んで下さい。

印欧語族の言語で、ヨーロッパの言語とも共通点があります。 文法では、名詞の格、有生性、動詞の人称活用、敬称などが特徴的です。 英語などと比較しながら学習して下さい。

目次
  • タイピングと文字
  • 速読の練習
  • 読解力
  • キーボード
  • 発音と文字
  • 作文の練習
  • 文法
  • ニュース
  • 多言語学習とベンガル語
  • タイピングと文字

    まずは、文字の元になる母音と子音を覚えましょう。

    ベンガル語母音1文字
    ベンガル語母音2文字
    ベンガル語母音3文字

    左手側の、母音と発音記号を練習します。 このようにランダムに、1文字、2文字、3文字と繰り返し打って下さい。

    ベンガル語子音1文字
    ベンガル語子音2文字
    ベンガル語子音3文字

    次は右手側の子音を練習します。 1文字から3文字を繰り返し打って下さい。

    短い文字数を繰り返すことで、スピードと集中力が上がっていきます。 発音の学習と交互に進めて下さい。

    速読の練習

    単語と文を練習します。

    単語を繰り返し書く

    ベンガル語単語1文字
    ベンガル語単語2文字
    ベンガル語単語3文字

    子音と母音を組み合わせて、文字を作ります。 短い単語をいくつか覚えて、このように繰り返し書いて下さい。 1文字から3文字の単語を練習して下さい。

    子音+母音という単純な構造が多いですが、 子音連結や二重母音も使われます。子音を複数使うために、 発音記号を挟む場合があります。

    長い単語を書く必要はありません。 繰り返しているうちに、頭の中の発音を省略するようになります。

    短文を数行に分けて書く

    ベンガル語複数行

    次は短い文を、単語ごとに改行を入れて書いて下さい。 これは、複数行を一目で読むための練習です。 簡単な単語と文型を覚えて、いくつか文を書いて下さい。

    読解力

    文字と単語を覚えて、文章を読んでいきましょう。 文に慣れてから文法や発音を学習して、作文を練習して下さい。

    タイピングや手書きで字母を覚えて、 単語リストや辞書でラテン文字への置き換えを学びましょう。 英語版Wiktionaryには、ラテン文字、発音記号、活用形、語源などの情報が載っています。 また、Swadesh listという基本単語のリストがあります。

    文字を覚えながら、ベンガル語版ウィキペディアを読んでいきましょう。 まずは国名などの固有名詞を使って、文字の読み方を訓練して下さい。 そして、辞書や自動翻訳を使いながら、文を読んで下さい。

    記事の最初の文は、簡潔な定義文が多いです。同じジャンルの記事を読んでいけば、 すぐに慣れていきます。記事中のリンクを使って、記事の冒頭部分をたくさん読んでください。

    文に慣れてから、文法を覚えていきましょう。英語版の教材を使うと読みやすいです。 ベンガル語は印欧語のひとつで、ヨーロッパの言語とも共通点があります。

    ウィキペディアで実用的な語彙を増やして、ニュースを読めるようにして下さい。 youtubeには、ベンガル語のニュースチャンネルがあります。

    作文を練習すると、読解力が安定します。格変化や動詞の活用が多いですが、 少しずつ覚えていきましょう。

    キーボード

    ベンガル語はいくつかの入力方式があります。 inscriptは、 ヒンディー語やサンスクリットなどと互換性が高い配列です。

    発音の学習

    ベンガル文字は子音と母音の組み合わせなので、 音節の構造がわかりやすいです。 ただし、実際の発音とは少し違うので注意して下さい。

    音節

    一つの文字が、一つの音節を表しています。 子音+母音という形が基本ですが、子音連結や二重母音もあります。

    それぞれの母音と子音を、発音記号と結びつけて覚えましょう。

    母音、子音、音節、単語、文と、色々な単位で練習して下さい。

    Google翻訳では、ラテン文字への翻字が表示されます。 音声読み上げ機能と合わせて、参考にして下さい。

    作文の練習

    作文の練習で、読解力を鍛えましょう。

    sov

    文の構造をイメージしながら、簡単な文を作って下さい。 基本的な語順はSOVです。

    英語の前置詞に相当する、後置詞があります。 定冠詞は接尾辞として名詞の後ろに付きます。

    関係性

    次は、人と人の関係を整理します。 主語と目的語、話し手と聞き手のような関係をイメージして下さい。

    それぞれの関係性、立場、目的、動機などを考えて下さい。

    関係をイメージしながら、人称、格、時制などの文法を学習しましょう。 人称代名詞は、敬称や距離などによって複数の形を使い分けます。

    構成

    他にも、色々なイメージを使って練習して下さい。

    文法

    ベンガル語は印欧語のひとつで、文法は英語などと似ています。 名詞は4種類の格と数、有生性による変化があります。 動詞は主語の人称や時制によって活用します。 英語の前置詞に相当する後置詞があります。

    教材が無ければ、英語版の学習サイトとウィキペディアを使って学習して下さい。 辞書は英語版Wiktionaryが対応しています。

    格変化と敬語表現が重要です。 文字と発音を覚えて、文を作りながら学習しましょう。

    人称代名詞が、親称と敬称、近接などに分かれています。 主語の人称は、動詞の活用に影響します。

    名詞の格変化は、英語の文型や前置詞と比較して覚えましょう。

    ニュース

    VOAでベンガル語のニュースを読むことができます。

    Youtubeにベンガル語のニュースチャンネルがあります。

    多言語学習とベンガル語

    ベンガル語はアッサム語と近い関係で、文字もほぼ同じです。同じインド・イラン語派の、ヒンディー語、ウルドゥー語とも共通点が多いです。

    インド・イラン語派は、英語などと同じインドヨーロッパ語族に属しています。 文字は違いますが、文法では共通点も多いです。 英語に近いラテン文字の言語を、先に勉強しておきましょう。

    Your Language:日本語