Your Language:日本語

ベンガル語の速読と学習

概要

タイピングや発音と結びつけて、文字を覚えましょう。 そして、単語や文を繰り返し書いて、速読を練習して下さい。

ベンガル文字を覚えながら、ラテン文字への置き換えも併用して学習しましょう。 英語版の教材を使うと読みやすいです。

ベンガル語版のウィキペディアやニュースを読んでいきましょう。 固有名詞を覚えると楽になります。

ベンガル語は、綴りと発音の関係が複雑です。 ラテン文字に置き換えて、さらに実際の発音との違いを学んで下さい。

文法は、英語やヨーロッパの言語と比較しながら学習しましょう。 名詞の格変化と、動詞の人称変化があります。

目次
  • タイピングと文字
  • 速読の練習
  • キーボード
  • 発音と文字
  • 作文の練習
  • 文法
  • ニュース
  • タイピングと文字

    まずは、文字の元になる母音と子音を覚えましょう。

    ベンガル語母音1文字
    ベンガル語母音2文字
    ベンガル語母音3文字

    左手側の、母音と発音記号を練習します。 このようにランダムに、1文字、2文字、3文字と繰り返し打って下さい。

    ベンガル語子音1文字
    ベンガル語子音2文字
    ベンガル語子音3文字

    次は右手側の子音を練習します。 1文字から3文字を繰り返し打って下さい。

    短い文字数を繰り返すことで、スピードと集中力が上がっていきます。 発音の学習と交互に進めて下さい。

    速読の練習

    単語と文を練習します。

    単語を繰り返し書く

    ベンガル語単語1文字
    ベンガル語単語2文字
    ベンガル語単語3文字

    子音と母音を組み合わせて、文字を作ります。 短い単語をいくつか覚えて、このように繰り返し書いて下さい。 1文字から3文字の単語を練習して下さい。

    子音連結や二重母音も使われます。子音を複数使うために、 発音記号を挟む場合があります。

    長い単語を書く必要はありません。 繰り返しているうちに、頭の中の発音を省略するようになります。

    短文を数行に分けて書く

    ベンガル語複数行

    次は短い文を、単語ごとに改行を入れて書いて下さい。 これは、複数行を一目で読むための練習です。 簡単な単語と文型を覚えて、いくつか文を書いて下さい。

    速読の基本は、頭の中の発音を省略することです。 しかし、文字や単語は、発音と結びつけて覚えなければなりません。 速読、発音、作文と、バランス良く練習して下さい。

    キーボード

    ベンガル語はいくつかの入力方式があります。 inscriptは、 ヒンディー語やサンスクリットなどと互換性が高い配列です。

    発音の学習

    文字と発音を結びつけて覚えましょう。 ラテン文字への翻字や、発音記号を使います。

    音節

    一つの文字が、一つの音節を表しています。 子音+母音という形が基本ですが、子音連結や二重母音もあります。

    それぞれの母音と子音を、発音記号と結びつけて覚えましょう。

    ベンガル語は、文字や単語の綴りと発音の関係が複雑です。 母音、子音、音節、単語、文と、色々な単位で練習して下さい。

    Google翻訳では、ラテン文字への翻字が表示されます。 音声読み上げ機能と合わせて、参考にして下さい。

    作文の練習

    作文の練習で、読解力を鍛えましょう。

    sov

    文の構造をイメージしながら、簡単な文を作って下さい。

    関係性

    次は、人と人の関係を整理します。 主語と目的語、話し手と聞き手のような関係をイメージして下さい。

    それぞれの関係性、立場、目的、動機などを、図や言葉で書き出しましょう。 イメージを作ってから、文章を考えて下さい。

    構成

    他にも、色々なイメージを使って練習して下さい。

    文法

    格変化と敬語表現が重要です。 文字と発音を覚えて、文を作りながら学習しましょう。 また、英語の文法と比較するとわかりやすいです。

    人称代名詞が、親称と敬称、近接などに分かれています。 主語の人称は、動詞の活用に影響します。

    名詞の格変化は、英語の文型や前置詞と比較して覚えましょう。

    ニュース

    VOAでベンガル語のニュースを読むことができます。