かんたん多言語速読

速読歴30年の管理人が運営する情報サイトです。 速読の習得から応用まで、独自の練習方法を紹介しています。

概要

速読の基本は、頭の中の発音を省略することです。 テキストエディタや筆記用具だけで、簡単に習得することができます。

速読と作文を組み合わせて、読解力を鍛えましょう。 知識と語彙を増やして、さらに背景知識や背後関係にも意識を向けて下さい。

速読を使って、外国語を効率良く学ぶことができます。 複数の言語を勉強して、比較しながら日本語も復習して下さい。

基本練習

単語や短文を繰り返し書いて、読み書きのスピードを上げます。 さらに作文の練習で、読解力を鍛えます。

  • 速読の基本練習
  • 速読と多言語学習

    速読を使った多言語学習についての記事です。 複数の言語を勉強しながら、記事を更新しています。 また、記事をいくつかの言語に翻訳しています。

    主な記事

    外国語の速読も練習方法は同じです。 英語やフランス語は語順が規則的で、速読に向いています。

  • 英語を速読しよう
  • Fire TV Stickで英語の勉強
  • フランス語の速読
  • 速読と資格の勉強

    速読を使った勉強方法を紹介しています。 図や表をイメージして、頭の中で整理する能力を鍛えましょう。

    主な記事

    FP試験は選択問題が中心で、速読との相性が良いです。 また、プログラムの学習にも速読が役立ちます。

  • 速読でFP資格を取ろう
  • 速読で基本情報技術者を取ろう
  • 文章以外の速読

    文章以外の速読や練習についての記事です。

    読譜も暗算も、頭の中の発音を省略すると速くなります。 音符や数字を書いて練習します。

  • 楽譜と速読
  • 暗算の練習方法
  • 速読のデメリット

    速読は万能ではありません。 作文や語学学習を組み合わせて、バランス良く練習して下さい。 市販の書籍などを見ると、とにかくスピードを重視しているものが多いです。

    読むことが楽になりすぎて、書くことや喋ることとのギャップが大きくなります。 読書の対象も、速読しやすいものに偏る可能性があります。 意識や興味が偏らないように、注意が必要です。

    このサイトについて